Think Trade, Think Life.

トレードに真剣に向き合い、スキルとして確立するためにはどうしたらいいのか?を読者の皆さんと一緒に考えていくブログです。 ぼくのトレードひとり反省会もやってます。

優れた投資家は優れたビジネスマンであり、優れたビジネスマンは優れた投資家である。

カテゴリ: 金融

entropy_featured



ントロピーとは


一般的にエントロピーの法則は、部屋を掃除しても時間が経つと必ず散らかることや、
会社経営において、放っておくと社内が乱れることなどを説明するときに使われる。

この概念は、金融の世界では非常に重要な概念だ。

エントロピーはランダム性の尺度のことだ。

無限大の概念によく似たエントロピーは、確率変数における不確実性の
モデル化や表現に役立つ。

これは、金融アナリストやマーケット・テクニシャンが、
有価証券や市場による特定の種類のパターンの機会を判断するために使われる。


エントロピーはこれまで、
アナリストやトレーダーによる研究と議論の源となってきた。

これは定量分析に使われ、マーケットが特定の方向または特定のパターンに従って
動く可能性を予測するのに役立つ。

ボラタイルな市場は、レートが比較的一定である
安定した市場よりも大きなエントロピーを有する。

エントロピーの概念は、名著「ウォール街のランダムウォーク」で探求されている。



スクの指標としてのエントロピー

ベータとボラティリティのように、
ランダム性の尺度としての金融リスクを測定するためにエントロピーが使われる。

金融の世界では、リスクとは投資家のニーズに基づく良いことや悪いことの
両方のことをいう。

しかし一般的には、リスクが大きいほど
成長促進への高い可能性があると考えられている。

高成長を求めている投資家は、
高いベータや高ボラティリティの株式を探すよう叩き込まれている。

エントロピーも同じように使用される。

エントロピーが高い株式は他よりもリスクが高いと考えられている。

一部のアナリストは、エントロピーがベータよりも
優れたリスクモデルを提供すると考えている。

ポートフォリオ内の資産や有価証券の数が増えると、ベータに似たエントロピーや、
標準偏差が低下することが証明されている。



ントロピーの使用法

エントロピーを使用する際のおもな問題は、計算そのものだ。

アナリストのあいだでは、金融工学にエントロピーの概念を適用するベストな方法に
ついてさまざまな見解がある。

たとえば、デリバティブ(金融派生商品)においては、
リスクを特定し最小限にするためにエントロピーが使われる。

伝統的なブラック・ショールズモデルは、すべてのリスクをヘッジできると仮定している。

すなわち、すべてのリスクを割り出し、、説明できるということだ。

これはつねに現実的なモデルというわけではない。

エントロピーの概念は、原証券や資産によって生成されるランダム性を
排除する変数によって適用でき、アナリストはデリバティブの価格を分離することができる。

言いかえれば、現行のシステムや金融商品の構成内でリスクを定義する最良の変数を
識別する方法として使用される。

最良の変数とは、物理的な現実からほとんどズレがないもののことだ。

金融の世界では、これは確率と期待値を使って表すことができる。

計算それ自体は進化しているが、目的は明確だ。

アナリストは、複雑な金融商品の価格を決めるより良い方法を発見するために
エントロピーの概念を使うのだ。

dark



ダークプール」とは


昨日の記事で、ダークプールについて質問をいただいたので、
今日はダークプールについて。

ダークプールとは、私設取引所で執行された機関投資家の注文で
作られる取引出来高のことで、一般のわれわれにはほとんど利用できない。

ダークプールの大半は、中央取引所から離れたブロックトレードによって表される。

アップステアズ(上階)市場、暗い流動性、見えない流動性とも呼ばれている。


ダークプールは、取引が執行され終わるまで一般には取引の詳細が隠されていて、
濁った水のように取引に雲がかかっていることから、このような名前がついている。

流動性に基づいた戦略を用いるトレーダーは、すべての関係者にとって
トレードをもっと公平にするため、ダークプールは公表されるべきだと考えているようだ。



ークプールの出現

ほんの数ミリ秒の間にアルゴリズムベースのプログラムを実行できる
スーパーコンピュータの出現により、高頻度取引(HFT)が日々の取引出来高を
支配するようになった。

HFTの技術によって、機関投資家は他の投資家に先んじて数百万株分の注文を
実行し、株価の小幅上昇や下落を利用することができる。

その後の注文が実行されると、HFTトレーダーが即座に利益を得て、
ポジションを閉じる。

この形式の法的な海賊行為は1日に何十回も発生し、
HFTトレーダーには大きな利益をもたらしている。

最終的に、ひとつの取引所を通した大規模な取引を実行することが
ますます困難になるほど、HFTは普及した。

大きなHFTオーダーは複数の取引所に分散されなければならなかったため、
注文の前に出て在庫を奪い、株価を押し上げる取引の競争相手への警告となった。


これらのすべては、最初の注文が発注されてから数ミリ秒以内に発生する。

一般の取引所での透明性を避け、大きなブロックトレードのための流動性を
確かなものとするために、いくつかの投資銀行が私設取引所を設立した。

これがダークプールと呼ばれるようになった。

公的取引所に発注することができないほど大量の注文をしているトレーダーや、
自分たちの意図を電信送信することを避けたいトレーダーにとって、
ダークプールはトレードを実行する流動性のある買い手と売り手の市場を提供する。

2016年段階で、米国で50以上のダークプールが運用され、
ほとんどが投資銀行によって運営されている。



ークプールには厳しい視線が注がれている

合法であると考えられているが、ダークプールにはほとんど透明性がない。

HFTを他の投資家に対する不公平なアドバンテージだとして非難してきた人は、
利益相反を隠すことができるダークプールの透明性の欠如も非難している。

証券取引委員会(SEC)は、機関投資家が顧客のオーダーの前に自分たちのオーダーを
出し、株価の上昇を利益に変えるときに発生する違法なフロントランニングの苦情に対して、
ダークプールの調査を強化している。

ダークプールの支持者は、市場がより効率的に動くことを可能にする、
本質的な流動性を提供しているのだと主張している。

tile_event_floor



承認された参加者」とは


承認された参加者は、取引所の取引環境に直接アクセスできる機関のことだ。

ステータスは、トレード執行コストの削減と取引所への直接アクセス可能な
取引端末をインストールする権利だ。

これにより、取引所に到達するまでに複数の関係者を経由することによる
注文実行の遅延、トレードのコストを追加するようなサードパーティーを
迂回することができる。

彼らは、それぞれの取引所が定めた一定の資格要件を
満たさなければならない。

たとえば、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の承認された参加者に
なるためには、このケースではエクイティメンバーと呼ばれ、
会社は米国の証券会社で、自己規制機関(SRO)の支配下にあり、
決済機関を持っていなければならない。

メンバーシップが受諾されると、価格データと発注のために取引所に
直接アクセスが可能になる。

権限保持者の書式は、承認された参加者または取引所メンバーによって
記入されなければならない。

権限保持者は、承認された参加者のために働く人であり、
取引所と直接やり取りすることになる。

承認された参加者のステータスは、取引所によって異なる。

カナダのモントリオール取引所では、カナダで会社を設立し、
SROのメンバーになり、決済法人になるかそのメンバーになり、
取引所でトレードする承認された参加者の従業員はまず初めに、
トレーニングコースを受講しなければならない。

外国企業は、所在する国で合法的に設立され、規制当局に登録され、
カナダの清算会社との契約を締結し、カナダのケベック州に所在の
エージェントを有していなければならない。

承認された参加者は、名称の変更、規制の変更、または合併や買収による
機関への影響について報告する必要がある。



認された参加者へのメリット

各取引所はそれぞれで異なるため、メリットや関連費用は変動する。

たとえばNYSEでは、取引所サーバーの隣にトレーディングサーバー
を設置できることや、超低遅延の注文実行が含まれる。

そのほかにも、高度な注文種類とダークプールへのアクセス。

流動性を加えるためのトレードへのリベート
(すでに存在する注文への実行とは対照的に)、
および出来高の閾値を満たすためのコストのさらなる削減。

そしてさらにオープニングとクロージング・オークション・セッション
へのアクセスも含まれる。

われわれ個人トレーダーにとっては羨ましすぎる環境だ。

すべての取引所で承認された参加者は、サードパーティーを切り捨てる
ことによって取引コストを削減し、インストールされた端末を介して
取引所に直接のアクセスが可能なのだ。

ey-investment-bank-transformat-on-ideas-to-action-heropng





ウォール街でのキャリアに興味がある人にとっては、
トレーダー、アナリスト、投資銀行家など、関心を引く多くの役割がある。

多くの人が投資銀行家になりたがるが、実際のところ彼らは何をしているのだろうか?



資銀行がしていること

本質的には、投資銀行家は企業の財務アドバイザーだ。

ウォール街は2007年の金融危機で世界中の怒りを買い、
危機のなかでの役割は金融セクターの監視と規制の強化になった。

2008年9月に投資銀行リーマン・ブラザーズが破産申請した
いわゆるリーマン・ショックが頭をよぎるこの危機は、ウォール街の弱点を露呈した。

しかし、たとえウォール街をマスターオブユニバースと呼ぶことの輝きが
若干失われたとしても、ウォール街でのキャリアはトップの大学卒業生にとって依然魅力的だ。



資銀行家の役割

投資銀行家は、個人投資家と直接取り引きするというよりも、
資本市場における企業や政府へのアドバイザリー能力を有するものとして活動している。

顧客が資本市場で資金調達を行うこと、さまざまな財務アドバイザリーサービスの提供、
合併や買収といった活動の支援を行う。

よって、資本市場がうまくいっているときには、彼らは多くの収入を得られるのだ。



金の調達

大企業が工場を建設したいと考えて、債券融資を検討している場合、
投資銀行家に依頼をする方法がある。

同様に、政府が空港、高速道路、大規模な地方自治体プロジェクトの建設などに融資したい場合、
投資銀行家と協力して資本調達のために債券を発行することもある。

そのような場合、投資銀行家は債券発行を計画し、債券の需要が十分あるように債券価格を決め、
債券の発行に必要な米国証券取引委員会(SEC)の書類を管理するために発行者と協力し、
債券の売却を手助けする。

彼らはエクイティファイナンスの手配をする際にも役割を果たす。

企業が成長のためにもっと資金が必要になり、新規株式公開(IPO)での資金調達を決めたとする。

投資銀行家はここで、発行条件とリスクを説明する目論見書や、SECとの発行プロセス管理、公募価格の決定などで活躍する。

株は適正に値付けされなければならない。

価格が高すぎると、一般投資家は購入への興味がわかないかもしれない。

価格が低すぎると、顧客のために作れたはずのお金がテーブルに残っている、
という状態になってしまうかもしれない。



受手数料

顧客にとっての資本市場での資金調達の過程で、通常投資銀行家は、引受業務を行う。

これは、発行体から証券を購入し、それを公的機関または機関投資家に販売することによって、
プロセスに内在するリスクを管理することを意味する。

投資銀行家はある価格で証券を購入した後、売却価格のマークアップを追加することで、
リスクを補う利益を生み出す。

このスプレッドは引受スプレッドだ。

通常、筆頭の投資銀行は、シンジケートと呼ばれる投資銀行のグループと協力して、
発行の引受のリスクを分散させている。

引受人が取引をマーケティングする際の中立的な役割を果たすだけで、
有価証券を売却するための最善の努力はするものの、
引受リスクは取らないこともある。

この場合、投資銀行家は有価証券を売却し、実際の証券の売却量に応じて手数料ベースで報酬を得る。



公募発行

公募のコストを払う代わりに、投資銀行家が非公募発行で資本調達を支援することもある。

たとえば、保険会社や退職基金などの機関投資家に債券を提供することができる。

SECに登録する必要がないので、資金調達の早道だ。

政府は個人投資家よりも機関投資家のほうが洗練されていると考えているため、
非公募発行の規制は少なくなっている。



併と買収

投資銀行家が活躍するほかの分野は、企業が企業をを買おうとしているときだ。

オファーの価格設定を含めて、買収についてどのように
取り組むべきかのアドバイスを提供している。

これには、対象となる会社を評価し、その価値を表す価格を提示することなどが含まれる。

取引の反対側では、自社を売却する企業も、買値やオファーを評価するために投資銀行家を必要とする。

場合によっては、合併や買収は長期間の戦いがともなうこともある。



害の対立

投資銀行家が資本市場の潤滑油だとしても、批判も集めている。

ひとつに、ウォール街の株式調査の正当性が疑問視されている。

なぜなら投資銀行家は、業務を生み出すために証券を格付けするよう
アナリストに圧力をかけるといわれているからだ。

SECは、投資銀行業務と証券リサーチ活動とのあいだの
そのような利益相反に対処するための法律を制定している。

顧客のビジネスや見通しに関連する機密情報にアクセスできる投資銀行は、
トレーダーに情報を渡せるときに、別の利益相反が生じる可能性がある。

トレーダーは、同じ情報を持たない投資家と対峙するときに、
不公平なアドバンテージとしてこのインサイダー情報を利用できてしまう。



資本主義経済において、投資銀行家は、
顧客が様々な活動に資金を提供し、ビジネスを成長させる資本を提供するのを
助ける役割を果たす。

彼らは資金調達を助け、さまざまな用途に分配する金融アドバイザリー仲介業者だ。

この活動は資本主義のホイールをなめらかにするのに役立つが、
投資銀行家の役割は監視下に置かれている。

なぜなら、彼らが提供するサービスに対して、
過度の報酬が支払われているという批判があるからだ。

bankfees




2008年の経済崩壊における金融業界の瀕死の経験以来、
銀行手数料は急増している。

だからこそ、グローバルプレイヤーを目指す個人や
スモールビジネスオーナーは当座預金口座や貯蓄口座における

「もっとも高くつく4つの間違い」

を避けることが重要だ。



1. 当座繰越手数料(Overdraft Fees)
ほとんどの銀行で使い過ぎ防護(overdraft protection)を契約し、
当座預金口座がゼロ以下でも取引を完了することができる。

しかし、このサービス料金は高く、2017年のMoebsによる調査では
繰越手数料は平均して30ドル(約3300円)になるとしている。

残高がゼロに近い状態で、予期せぬ請求や
デビットカードでの支払いがあったときにこの間違いは発生する。

繰越手数料はマイナスの残高として記載され、
次の新しい取引も追加の繰越手数料で実行されてしまうのだ。

たとえば、あなたは当座預金口座に100ドルあると思っていて、
毎月の車の支払いが自動的に引き落とされることを忘れているとする。

支払いは実行されるが、30ドルの手数料がかかる。

口座はマイナスになり、残高がゼロ以上になるように資金を追加するまで、
次の取引で30ドルの手数料が発生する。

この危険な状況でもっとも簡単な解決策は、
口座残高が少ないときに知らせてくれるメールやテキストアラートに登録することだ。



2. 最低残高を維持していない
多くの銀行は、口座にいつも一定の金額を保管しておくと、
毎月のメンテナンスやその他の手数料を削減または廃止する。

この手数料の払い戻しは、普通預金口座に発生した利息よりも重要であり、
当座預金口座の最低額を保つことも価値がある。

近年、手数料を避けるために必要な当座預金残高は
1500ドル(約167,500円)に上昇したが、最新の要件については銀行に確認を。



3. 先日付小切手(Post-Dated Check)を書く
個人的な小切手は、誰かに支払うという約束以上のものではなく、
実際に銀行で提示され、口座からお金が引き出されるまでは
実際の支払いを意味するものではない。

将来の日付に小切手を発行することは、
受取人がその日まで待って小切手を銀行に提示することを意味する。

しかし、銀行は優位な立場にあり、日付にかかわらず、
提示された場合に法律上小切手を認めることができる。

受取人があなたが信頼する人でない場合は、銀行残高の混乱を避けるために
資金を開放する準備ができている日まで、小切手を保持するほうが安全だ。



4. 他の銀行のATMの使用
ほとんどの銀行は、顧客でないユーザーが
ATMマシンにアクセスしたときに料金を請求する。

また、顧客が別の銀行のATMマシンを使用しているときに
料金を請求するものもある。

これらの手数料も上昇しており、ネットワーク内の平均ATMコストは
2017年のBankrate調査によると4.69ドル(約520円)に上昇している。

こういった手数料を避けるもっとも簡単な方法は、他の銀行のATMへ自発的に向かうのはやめ、
引き出しを行うのに可能なかぎり自分の銀行を使用することだ。

また、一部の銀行は他の機関の取引手数料を払い戻している。

各行の当座預金口座を精査するときは、こういった貴重な機能も探してみよう。



これまで以上に、出や入に関する銀行手数料や、
可能なかぎり少ない手数料を払うためのステップを学ぶことは重要だ。

具体的なはじめの一歩は、銀行の現行の方針を確認し、より低い料金の口座を探すことだ。

↑このページのトップヘ