Think Trade, Think Life.

トレードに真剣に向き合い、スキルとして確立するためにはどうしたらいいのか?を読者の皆さんと一緒に考えていくブログです。 ぼくのトレードひとり反省会もやってます。

優れた投資家は優れたビジネスマンであり、優れたビジネスマンは優れた投資家である。

カテゴリ: 投資家

widemoat




ぼくはバフェットの投資戦略に関する研究に
没頭していた時期がある。

ウォーレン・バフェットの投資における不可欠な要素は、
「堀(wide moat)」というものに注目することだ。

建築用語における堀は、城や町を水で囲むことで
侵略者からの防御障壁として機能する溝のことだ。

ビジネスにおいては、堀は競争優位性を意味する。

堀のあるビジネスを特定することは、バフェットの戦略の中核をなし、
彼からの経営者へのアドバイスは、堀をより深く広げるための取り組みに集中することだ。

しかしながら、すべての堀が同じに見えるわけではなく、
堀がどれだけ長持ちするかを検証することは困難だ。

競争優位性は次の幅広い分野に分類できる:
規模(スケールメリット)、ブランド、
規制上の優位性、商標や特許といった知的財産、だ。


アルファベットの子会社グーグル(NASDQ:GOOGL)は、
インターネットソフトウェアおよびサービス業界の中で
もっとも支配的で収益性の高い企業の1つとなった。

グーグルにはさまざまなビジネスベンチャーがあるが、
主に2つの主要な広告事業から収益を得ている。

つまり、インターネット検索とターゲティング広告だ。

バフェットと彼の投資パートナーであるバークシャー・ハサウェイ
(NYSE:BRK.A)副会長チャーリー・マンガーが考える堀における、
グーグルの堀の強さや深さについて考えてみよう。

これらの分野を通じてグーグルの優位性の源を研究することで、
同社の支配力の持続可能性について優れた洞察を得ることができる。



模の優位性

規模から発生する競争優位性はふつう、
大規模なレストランや小売チェーンの購買力など、
供給側の利点のことをいう。

需要側でスケールのメリットがあるすると、
一般的にそのメリットは「ネットワーク効果」と呼ばれる。

この点におけるグーグルの優位性はとても大きくサステナブルだ。

サービスがより多くの新規ユーザーを加えていき、
サービスがそのすべてのユーザーにとって価値があるとき、
ネットワーク効果は機能する。

結果はしばしば、グーグルの検索ビジネスのように
業界での勝者総取りのようになりうる。

検索サービスはユーザーによる検索回数が増え、
ウェブサイトがグーグルの検索結果に最適化することで
向上していく。

スケールは、ユーザーの興味に基づいて関連する広告を
配信する広告ネットワークでも機能している。

グーグルが検索を通じてユーザーを知るほど、
ターゲットの設定能力は向上する。

これらはライバルたちが克服するには
とてもむずかしい大きな優位性だ。

インターネット検索におけるグーグルの市場シェアは64%だ。

グーグル市場の3分の2を支配している限り、その堀は深く、広い。

同社のターゲティング広告のリーチはさらに大きく、
米国内の全インターネットユーザーの92%にのぼっている。



ーグルのブランド

グーグルのブランドは確固たるものだ。

会社名そのものが、インターネット検索をするための
一般的に受け入れられている動詞となっている。

しかし、ブランドによって競争優位性があるかどうかは、
消費者がどのサービスを使うかを選ぶうえで、
そのブランドがどのくらい重要なのかによって左右される。

このような観点でいくと、グーグルのブランドが堀に大きく
貢献することは考えにくい。

ユーザーは、結果の精度と信頼性のためにグーグル検索を好む。

ほかのプレイヤーがグーグルのネットワークの優位性を克服し、
より速く正確な結果を提供したら、ユーザーはおそらく移行するだろう。

検索、広告、Android、マップやGmailなどの
グーグルのほかのソフトウェア事業には、
強力なブランド認識と忠誠があり、
どちらも会社の堀に貢献している。

しかしこれらの貢献の耐久性はさほど強くないといえる。



制による競争優位性

規制によって得られた競争上の優位性はふつう、
競合他社の攻撃を阻止する政府の活動に由来するものだ。

グーグルのケースでいえば、検索とAndroid OSにおける
同社の市場シェアはとても大きく、規制はその強力な収益性を維持する
会社の能力にとって潜在的な脅威になる。

米国やとくに欧州の規制当局は、反競争的な行為について
グーグルの事業活動を監視している。

しかし規制当局が実際に不当な独占に近いと宣言していることが、
グーグルの堀の強さをなにより証明しているといえるのかもしれない。



的財産権

グーグルの堀に貢献する知的財産は、評価することが難しい。

知的財産から得られるメリットは、多くの場合、
医薬品製剤などの特許取得済みの技術を意味する。

グーグルはたくさんの特許をもっているが、
これらの特許が必ずしも競合他社を寄せつけないというわけではない。

さらにグーグルは研究開発(R&D)に多額の投資を行い、
エリートエンジニアを雇い、その知的能力を
挑戦的な課題に注ぎ込んでいる。

最高の人材を雇う能力は競争優位性ではあるが、
それは知的財産ではなくグーグルの規模による産物だ。

結局のところ、グーグルのコアは検索アルゴリズムであり、
検索の環境における変化に応じて頻繁に調整されている。

このアルゴリズムや、もっとも速く広範囲な検索を提供できる能力は、
グーグルが現在謳歌している規模の利点に根ざしている。

必ずしも特許や商標によって保護されているわけではないが、
グーグルの製品の基盤となる蓄積された知識や
コンピュータコードは複製がむずかしいため、
同社の堀の一部とみなされなければならない。



経済的な堀における耐久性を評価するときの
バフェットとマンガーの重要なテストは、
資金潤沢な競合他社がそのビジネスを再現できるかどうかということだ。

この基準によって、グーグルの堀は広く深くなっている。

潤沢な資金のある競合他社は、グーグルの城を襲うことに成功していない。

とくに検索ビジネスにおいてはそうだ。

同社のもっとも大きな脅威は、インターネットユーザーの行動に
大きな変化がおこった時にもたらされるだろう。

たとえば、ソーシャル・ネットワークがもっと一般的になり、
インターネット検索の有意性を抑えるようなことがあれば、
同社の実力が試されることになるだろう。

グーグルは機敏でいつづけ、その優位性を維持し拡大するために
環境の変化に備えなければならないだろう。

entropy_featured



ントロピーとは


一般的にエントロピーの法則は、部屋を掃除しても時間が経つと必ず散らかることや、
会社経営において、放っておくと社内が乱れることなどを説明するときに使われる。

この概念は、金融の世界では非常に重要な概念だ。

エントロピーはランダム性の尺度のことだ。

無限大の概念によく似たエントロピーは、確率変数における不確実性の
モデル化や表現に役立つ。

これは、金融アナリストやマーケット・テクニシャンが、
有価証券や市場による特定の種類のパターンの機会を判断するために使われる。


エントロピーはこれまで、
アナリストやトレーダーによる研究と議論の源となってきた。

これは定量分析に使われ、マーケットが特定の方向または特定のパターンに従って
動く可能性を予測するのに役立つ。

ボラタイルな市場は、レートが比較的一定である
安定した市場よりも大きなエントロピーを有する。

エントロピーの概念は、名著「ウォール街のランダムウォーク」で探求されている。



スクの指標としてのエントロピー

ベータとボラティリティのように、
ランダム性の尺度としての金融リスクを測定するためにエントロピーが使われる。

金融の世界では、リスクとは投資家のニーズに基づく良いことや悪いことの
両方のことをいう。

しかし一般的には、リスクが大きいほど
成長促進への高い可能性があると考えられている。

高成長を求めている投資家は、
高いベータや高ボラティリティの株式を探すよう叩き込まれている。

エントロピーも同じように使用される。

エントロピーが高い株式は他よりもリスクが高いと考えられている。

一部のアナリストは、エントロピーがベータよりも
優れたリスクモデルを提供すると考えている。

ポートフォリオ内の資産や有価証券の数が増えると、ベータに似たエントロピーや、
標準偏差が低下することが証明されている。



ントロピーの使用法

エントロピーを使用する際のおもな問題は、計算そのものだ。

アナリストのあいだでは、金融工学にエントロピーの概念を適用するベストな方法に
ついてさまざまな見解がある。

たとえば、デリバティブ(金融派生商品)においては、
リスクを特定し最小限にするためにエントロピーが使われる。

伝統的なブラック・ショールズモデルは、すべてのリスクをヘッジできると仮定している。

すなわち、すべてのリスクを割り出し、、説明できるということだ。

これはつねに現実的なモデルというわけではない。

エントロピーの概念は、原証券や資産によって生成されるランダム性を
排除する変数によって適用でき、アナリストはデリバティブの価格を分離することができる。

言いかえれば、現行のシステムや金融商品の構成内でリスクを定義する最良の変数を
識別する方法として使用される。

最良の変数とは、物理的な現実からほとんどズレがないもののことだ。

金融の世界では、これは確率と期待値を使って表すことができる。

計算それ自体は進化しているが、目的は明確だ。

アナリストは、複雑な金融商品の価格を決めるより良い方法を発見するために
エントロピーの概念を使うのだ。

AIMCo_WhatWeDo_InvestmentStrategy




ひとたび投資をすることを決心したら、何に投資するかを決めるまえに、
自分がなぜ投資するのかを理解しておくことが不可欠だ。

理由や目的、アクションの原動力がなくてはならない。

あなたが信じる原動力があれば、他人や状況があなたをコースから
脱線させることははるかに難しくなる。

あなたの投資ライフを通して、あなたの道から横道に逸らそうとする
たくさんのことが待ち受けているだろう。

最終的に成功や失敗を決定するのは、コースにとどまるあなたの能力だ。

実際に投資を始めるまえに、投資を決定する際に考慮すべき3つの要素を
紹介していく。



時間枠を知る

投資の時間枠を把握することは、適切な投資を実施する上で重要だ。

あなたが投資をしている理由を理解することで、
最終目標から現在の状態に向かって逆向きに解決していく方法を取ることができる。
(Working Backwards法)

ぼくのコンセル生も、
必ず「最終的にどうなりたいのか」をまずヒアリングすることから始まる。

ここで意外と多いのが、「どうなりたいのかがわからない」という状態だ。

これはヒアリングしていく中で明らかにすることが可能だが、
なかなか自分自身で導き出すことが難しい課題のようだ。

本題へ戻ろう。

たとえば現在30代で、退職するために貯蓄や投資をしている場合、
目標到達への時間はたっぷりと残されている。

市場の短期的な変動について心配する必要はない。

目標到達への長い時間枠をもつことは、あなたの投資をより
アグレッシブにすることを可能にする。

あなたが30歳で、今後3年以内に家を購入しようと思っているなら、
投資の時間枠は上記の例よりもはるかに短くなければならない。

この目標のための貯蓄についてより思慮深くなる必要があるし、
リスクを取りすぎるべきではないだろう。

ぼくの友人が最近家を売り、売却金を投資しようとしていて、
何に投資すべきだと思うかぼくに尋ねてきた。

さまざまなものに投資している他の人の助言もすでに得ており、
その上でぼくのアドバイスを求めてきたのだ。

ぼくは何かを推奨するまえに、まずその投資するお金の目的を聞いた。

彼は次の2〜3年で別の家を購入しようとしていて、
お金を頭金として使いたいと言ってくれた。

そしてその前に少しでもお金を殖やしたいと。

次の数年で必要なお金なので、大きな損失を抱えることのできるお金ではなかった。

最終的にぼくたちは、このお金で大きなリスクを取るのは賢明ではないと判断した。


さて、ここで彼がなんらかのリスキーな投資にそのお金を投じたと想像してほしい。

もちろん上昇する可能性もあるが、もしも今後2年間で減速し、
20%、30%、はたまた40%の損失を被った場合どうなるだろうか?

予定していた家を買うことができなくなるかもしれない。

要するに、なぜあなたが投資しているのかわからず、ただ単に最大潜在利益を
得ようとすると、悪い状況に自分を追い込みかねないのだ。



注意散漫を避ける

投資をするとき、自分の判断を後悔しないことは不可能なように思われる。

あなたの耳には絶えず次のビッグウェーブ、ビッグトレンド、ビッグチャンスや、
テレビの受け売りの友人からの株情報、投資すべきビジネスなどが舞い込んでくるだろう。

これらすべてのアイデアはバラ色の楽観主義を通して語られる。

あなたはこれらのチャンスに適切なデューデリジェンスを行なっていることを確認し、
他の誰かではなくあなたのポートフォリオにフィットするかどうかを確実にするために
用心深くならなくてはならない。

マーケット・タイミングというのは定理がない。

たとえ翌年に市場が低迷しても、目的に基づいて資産を配分していれば問題ない。

ここで痛む可能性のある部分は、長期間必要とされないお金なので、
すぐに値を戻すかどうかを心配する必要はない。

あなたの投資の「なぜ」をわかっていれば、誰かが別の方向へ引き寄せようと
するたびにあなたの「なぜ」に立ち返ることができる。



生活の質を高めるために投資する

投資する主な理由は3つある。

1. 購買力を維持する
2. 長期目標に到達する
3. 生活の質を向上させる


生活の質を向上させること。

これが投資をする理由を理解する必要がある最後の理由だ。

あなたの投資がストレスレベルを上げるようではいけない。

もしあなたが対処できるよりも多くのリスクを負い、
そのリスクがストレスを引き起こしている場合、あなたは正しく投資しているとはいえない。

投資は生活の質を向上させるために行われるべきで、望まないストレスによって
低下させてはいけない。

なぜ投資しているのかを理解し、その理由にあった投資を適切に実行することによって、
ストレスを大幅に増大させることなく、同時に人生の質を向上させることができる。

その理由はシンプルだ。

あなたには計画があり、そして最後までやり通すからだ。


・あなたに残された時間がどれほどかを知っているので、
 いつそのお金が必要になるかで混乱することはない

・ニーズに合った適切な投資をしていることを知っているので、
 混乱を避けることができる

・目標達成のためのプランが’あることを知っているので、
 夜ぐっすり眠ることができる


ポートフォリオに関する無限のアイデアで迷子になってしまう前に、
まずはじめに少し時間をとって投資をする理由を考えよう。

そのお金が将来どのように使われるか、リスクにさらすことが快適な生活を
どれぐらい害するのか、自分自身に問いかけてみてほしい。

これを理解すれば、よりスマートに投資し、投資ニーズにもっとも合った
方法でお金を使うことができるようになる。

IMG_1661





テクノロジーと仕事への取り組みに関するイノベーションのおかげで、
起業家が新しい企業を立ち上げることはこれまでになく簡単になった。

シリアルアントレプレナー(連続起業家)は、起業し、収益化し、それを
売却する、というサイクルを何度も繰り返すことによって現金化する。

このプロセスにおいて彼らは、富を作り出す方法に新機軸を打ち出し、
その成功を模倣したいと考える富裕層(HNWI)に貴重な教訓を与えてくれる。



彼らは一体何をやっているのか

もし堅実な富の基盤を構築したければ、市場に資金を投入する必要が
あるというのが世界の常識だ。

株式、ミューチュアルファンド、上場投資信託(ETF)や不動産投資信託(REIT)
に投資することは、普通預金口座やCD(譲渡性預金)が提供できるリターンを
上回るための実証済みの方法である。

もっとも安全な投資である債券でさえ、リスクヘッジをしたい情報通の投資家の
ポートフォリオの一角をなす。

シリアルアントレプレナーは、望む富を生みだすために市場のリターンに
頼るのではなく、自ら構築する企業に頼る。

これは別に、彼らが株式市場に全く投資していないということではない。

資産ベースの規模を拡大する唯一の手段として、それらを頼らないということだ。

ぼく自身もお仕事は何をされているんですか?と聞かれて困ることがよくあるが、
投資家でもあるし、起業家でもある。要するに、そういうことなのだ。

では、どうやってそれをやるのか?

典型的な起業家は、企業を立ち上げるための素晴らしいアイデアを育て、自分の
ベンチャーを成功の目標レベルにまで成長させるために時間を注ぎ込む。

一方シリアルアントレプレナー(連続起業家)は、自らの会社の所有権を誰かに
権限委譲するか、相当の利益のために売却する。

これを繰り返すことで、自分自身を市場の気まぐれにさらすのではなく、
財政状況を支配下に置くのだ。



投資家に対する教訓

誤解を恐れずにいえば、起業は誰にでもできることではない。

だが投資家は、連続起業家が用いる富の構築戦略や基本原則を自らに適用できる。

さらなる純資産を構築することがあなたの目標のひとつなら、連続起業家の
マインドセットを採用するためのヒントを以下に示す。


専門家のアドバイスを得る - とりわけ富を増やし続けている富裕層の起業家にとっては、
ビジネスを単独で行うことは困難だ。

2016年の米国の富裕層調査によると、69%のビジネスオーナーがビジネスや
財政管理に関する個人的な意思決定への助言のために複数のファイナンシャル・
アドバイザーに頼っている。

もしあなたが自分の富の基盤を強くすることにコミットしている場合、金融専門家の
コンサルティングを受けることはパズルの重要な一部となる。

投資の流動性を理解する - 流動性は健全な投資計画の重要な要素であるため、あなたの
投資がどれだけ流動的なのかを認識することは極めて重要となる。

米国の調査では、半数以上の起業家が今後3年間以内で保有株式を現金化するイベント
(バイアウトやIPO)を期待していると答えた。

37%は、財務顧問と協力し、これらのイベントの税務上の影響への準備を進めている、
またはそうする予定があると答えている。

投資家として、あなたは株式を売却することなどが財務見通しにどのように影響するか
についても気にかけるべきだ。

出口戦略をもつ - よく考えられた出口戦略は、真剣に取り組んでいる連続起業家にとって
必要不可欠であり、そのルールはあなたの投資にも適用される。

バリュー投資家であろうとバイ・アンド・ホールド・アプローチであろうと、
あなたは個別株やミューチュアルファンドを手放す時を明確にする必要がある。

出口計画を実施しなければ、もしポートフォリオの有価証券が失速し始めると、
損失を被る可能性がある。



連続起業家精神は、欠点がないわけではない。

結局のところ、新しいビジネスの大半は失敗する運命だ。

同じことが投資にも当てはまる。

打撃を受けたり見逃したりすることがあるが、
もしあなたがポートフォリオを違った角度から見るつもりなら、
期待以上の大きな報酬につながるかもしれない。

ey-investment-bank-transformat-on-ideas-to-action-heropng





ウォール街でのキャリアに興味がある人にとっては、
トレーダー、アナリスト、投資銀行家など、関心を引く多くの役割がある。

多くの人が投資銀行家になりたがるが、実際のところ彼らは何をしているのだろうか?



資銀行がしていること

本質的には、投資銀行家は企業の財務アドバイザーだ。

ウォール街は2007年の金融危機で世界中の怒りを買い、
危機のなかでの役割は金融セクターの監視と規制の強化になった。

2008年9月に投資銀行リーマン・ブラザーズが破産申請した
いわゆるリーマン・ショックが頭をよぎるこの危機は、ウォール街の弱点を露呈した。

しかし、たとえウォール街をマスターオブユニバースと呼ぶことの輝きが
若干失われたとしても、ウォール街でのキャリアはトップの大学卒業生にとって依然魅力的だ。



資銀行家の役割

投資銀行家は、個人投資家と直接取り引きするというよりも、
資本市場における企業や政府へのアドバイザリー能力を有するものとして活動している。

顧客が資本市場で資金調達を行うこと、さまざまな財務アドバイザリーサービスの提供、
合併や買収といった活動の支援を行う。

よって、資本市場がうまくいっているときには、彼らは多くの収入を得られるのだ。



金の調達

大企業が工場を建設したいと考えて、債券融資を検討している場合、
投資銀行家に依頼をする方法がある。

同様に、政府が空港、高速道路、大規模な地方自治体プロジェクトの建設などに融資したい場合、
投資銀行家と協力して資本調達のために債券を発行することもある。

そのような場合、投資銀行家は債券発行を計画し、債券の需要が十分あるように債券価格を決め、
債券の発行に必要な米国証券取引委員会(SEC)の書類を管理するために発行者と協力し、
債券の売却を手助けする。

彼らはエクイティファイナンスの手配をする際にも役割を果たす。

企業が成長のためにもっと資金が必要になり、新規株式公開(IPO)での資金調達を決めたとする。

投資銀行家はここで、発行条件とリスクを説明する目論見書や、SECとの発行プロセス管理、公募価格の決定などで活躍する。

株は適正に値付けされなければならない。

価格が高すぎると、一般投資家は購入への興味がわかないかもしれない。

価格が低すぎると、顧客のために作れたはずのお金がテーブルに残っている、
という状態になってしまうかもしれない。



受手数料

顧客にとっての資本市場での資金調達の過程で、通常投資銀行家は、引受業務を行う。

これは、発行体から証券を購入し、それを公的機関または機関投資家に販売することによって、
プロセスに内在するリスクを管理することを意味する。

投資銀行家はある価格で証券を購入した後、売却価格のマークアップを追加することで、
リスクを補う利益を生み出す。

このスプレッドは引受スプレッドだ。

通常、筆頭の投資銀行は、シンジケートと呼ばれる投資銀行のグループと協力して、
発行の引受のリスクを分散させている。

引受人が取引をマーケティングする際の中立的な役割を果たすだけで、
有価証券を売却するための最善の努力はするものの、
引受リスクは取らないこともある。

この場合、投資銀行家は有価証券を売却し、実際の証券の売却量に応じて手数料ベースで報酬を得る。



公募発行

公募のコストを払う代わりに、投資銀行家が非公募発行で資本調達を支援することもある。

たとえば、保険会社や退職基金などの機関投資家に債券を提供することができる。

SECに登録する必要がないので、資金調達の早道だ。

政府は個人投資家よりも機関投資家のほうが洗練されていると考えているため、
非公募発行の規制は少なくなっている。



併と買収

投資銀行家が活躍するほかの分野は、企業が企業をを買おうとしているときだ。

オファーの価格設定を含めて、買収についてどのように
取り組むべきかのアドバイスを提供している。

これには、対象となる会社を評価し、その価値を表す価格を提示することなどが含まれる。

取引の反対側では、自社を売却する企業も、買値やオファーを評価するために投資銀行家を必要とする。

場合によっては、合併や買収は長期間の戦いがともなうこともある。



害の対立

投資銀行家が資本市場の潤滑油だとしても、批判も集めている。

ひとつに、ウォール街の株式調査の正当性が疑問視されている。

なぜなら投資銀行家は、業務を生み出すために証券を格付けするよう
アナリストに圧力をかけるといわれているからだ。

SECは、投資銀行業務と証券リサーチ活動とのあいだの
そのような利益相反に対処するための法律を制定している。

顧客のビジネスや見通しに関連する機密情報にアクセスできる投資銀行は、
トレーダーに情報を渡せるときに、別の利益相反が生じる可能性がある。

トレーダーは、同じ情報を持たない投資家と対峙するときに、
不公平なアドバンテージとしてこのインサイダー情報を利用できてしまう。



資本主義経済において、投資銀行家は、
顧客が様々な活動に資金を提供し、ビジネスを成長させる資本を提供するのを
助ける役割を果たす。

彼らは資金調達を助け、さまざまな用途に分配する金融アドバイザリー仲介業者だ。

この活動は資本主義のホイールをなめらかにするのに役立つが、
投資銀行家の役割は監視下に置かれている。

なぜなら、彼らが提供するサービスに対して、
過度の報酬が支払われているという批判があるからだ。

↑このページのトップヘ