Think Trade, Think Life.

トレードに真剣に向き合い、スキルとして確立するためにはどうしたらいいのか?を読者の皆さんと一緒に考えていくブログです。 ぼくのトレードひとり反省会もやってます。

優れた投資家は優れたビジネスマンであり、優れたビジネスマンは優れた投資家である。

カテゴリ: 富裕層マインドセット

courir-gym





トレードコンサルをしていて思うこと

難しくても、すぐに資産をブーストさせる方法を教えてほしいという要求が多い。


しかし、トレード上達の王道は、地味で単調なことのだ。


毎日、毎日、欠かさず、継続すること、それ以外にないのだ。





人は脳の構造上どうしても短期的な結果を欲しがるが、短期的な結果と長期的な結果は反比例するので、本能と逆をいく行動を取ることが求められる。




一発逆転のような派手なトレードは、チャレンジ精神をかきたてられ、ワクワクする。

成功すれば多くの人から称賛される、だから憧れる、成功する人はコンマ1%程度なのに。



「毎日5
時に起きて、素振りを100回」は、やれば誰でもできるが、やっているからと言って、誰も褒めない


投資·トレードのスキル向上は、前者では得ることができない、後者によってのみ習得される性格のものだ。



誰でもできることというのは、やりがいもなく、チャレンジ精神もかき立てられない、

誰も称賛しない、推薦しない、やれば儲かるにも関わらず。





投資·トレードって、ただただひたすら、数多くの単純作業の継続
なのだ。





もし収入が半分になってしまったとしても、生活費をいきなり半分に減らすことはできない。


収入が半分になると、人間らしい生活、文化的な生活、教養、エンターテインメント、社会との接点という部分を減らさざるを得なくなる。
 







寝て起きて食って排出するだけの毎日を良しとしないなら、


もっと精神的に充実した人生を送りたいなら、


マズローの五段階欲求の高次元欲求を満たしたいなら、


やはりそれなりの経済的余裕が必要なのだ。







人生100
年時代といわれる今、70歳から 100歳までの31年間、夫婦二人で年間500万円(税込、住居費含む)のそれなりの生活をすると、


インフレがゼロなら、70
歳の時も100歳の時も、生活費は500万円。

その間の支出合計は、1億5500万円。



しかし老後が、日銀が達成しようとしている年
2%の物価上昇の時代になれば、支出合計は2億1190万円になります。

インフレがゼロの時に比べて、生活費は約1.4倍に膨れ上がる。




年間
400万円だと、12400万円→16952万円
年間1000万円なら、3億1000万円→4億2379万円
年間1500万円なら、4億6500万円→6億3569万円

こんなふうに、インフレは生活費を増加させる。




年間500
万円、400万円、いずれの生活をするにせよ、公的年金はその20%〜30%を賄ってくれるにすぎないとぼくは考えている。
(現在40代以下のひとはもっと少ない、最悪の場合は限りなくゼロに近くなると思っておいたほうがいい)




こう考えると、リタイア後の生活は、公的年金以外の「自助努力」が必要なことは明らか。



資産運用は、意識すれば誰にでもチャレンジでき、それなりの成果を生む「自助努力」だ。


資産運用は、一生涯にわたって続くライフワークだと考えている。

reduce-risk-with-a-diversified-investment-portfolio





投資の超有名な格言の1つに「卵は1つのカゴに盛るな」というものがある。

卵を1つのカゴに盛ると落としたときに全部割れてしまうかもしれないから、複数のカゴに盛っておこうね、という意味だ。


投資の初心者にはよく分散投資が勧められる。

マネー本や投資セミナーなどでは「分散しましょう」がお決まりの文句だ。


これは、リスクを分散させるために、全財産を1つの投資対象に突っ込むのではなく、複数に分散しましょうということだ。

1つの投資対象といってもローリスクな対象1つではなく、ハイリスクな対象1つじゃダメだよ、と言っている。

ハイリスクとローリスクを組み合わせれば、リスクは減りますということだ。


分散投資の原理はたしかにそのとおり。


リスク·リターンの異なる複数の商品を組み合わせれば平準化される。




散投資したらまったく儲からない

説明不要だと思うが、リスクが減るということはリターンも減る。

投資で資産を殖やしたいのに、少ないリターンで満足なのか?



いつの時点で、いくら欲しいのか、で投資のスタンスは変わってくる。



初心者には分散投資がおススメとかそういう話ではないのだ。


ただ、世の中どうしたいのかわからないままなんとなく投資している人が多いのも事実だ。



以前、ある人から「投資を始めたいのだが何を買えばいいか」と相談をいただいたことがある。

投資額は500万ほどで、これをいくらにしたいのか聞いたところ、3000万くらいにはしたい、ということだった。


ザックリと、


6倍にするのは容易ではない。ゼロになってもいいなら6倍の方法はある。覚悟があるならやってみてもいいのではないか」


とアドバイスをしたところ、同席していた人が、「それは間違いだ」と言ってきた。



そして、ポートフォリオ理論を披露しはじめた(もちろん卵もね)。

ぼくは、この人にいくら投資しているのか聞いたところ、「200万円」だと。


「え?それだけ?」


もちろん、「え?それだけ?」などとは言っていない。

ましてや「貧乏人が分散投資とかぬかすな!」と罵詈雑言してもいない。


が、よ~く考えてみてほしい。


今の世界状況で、分散投資で得られる利回りなど多く見積もっても12%だ。

この人は1ヶ月2000円欲しいがために投資しているのか?

そんなわけはない。もしそうならアルバイトを2時間するべきだ。



一体投資の目的は何なのか?



たとえば、最初は貯金では殖やせないと思い、投資するために頑張って200万円貯めたとする。

いざ貯まったらこの200万円をやっぱり失いたくない、と思ったのならそれはそれで大切に取っておけばよい。


しかし、初心を忘れておらず、投資で殖やすぞという覚悟があるのなら、ここは一発賭けるのが筋だ。


そうでなければ何のための200万円作ったんだよ!となる。この期に及んで分散投資など、覚悟の上生まれた200万円が浮かばれない。


自分があまりお金持ちではないと思うなら、そしてそれでも投資でお金を殖やしたいと思うなら分散投資などと寝言を抜かしている場合ではないのだ。

とはいっても、さっきのような人はゴロゴロいて、この手の人は銀行預金くらいの利回りしかなくても投資理論をかじって満足、投資をしている自分に酔って満足なので、目的など説いても無駄なのだが。



散投資が有効なのは金持ちだけ

さて、世の中でこの分散投資をすべき人は一体だれなのか?


簡単にいえば金持ちだ。


金持ちは資産がさらに何倍にもなれば、それはそれで喜ぶだろうが、それよりも優先順位が高いことがある。



減らさないことと(多少は減っても大丈夫。何せ金持ちだから)、その資産が生み出す配当で食べていくことだ。



運用する絶対額が大きいため、1%でも十分だ。

金持ちはマネー雑誌も読まないだろうし、投資セミナーにも行かないだろう。

で、誰に言われるわけでもなく、勝手に分散投資をしている。


彼らこそ目的がハッキリしているのだ。


これからお金持ちになりたい、または金持ちでなくても老後の資金くらいは用意したい、という人、あなたには分散投資など邪魔にこそなれ、役には立たない。


What-is-Hotel-Rate-Disparity


両親、親戚、教師、知人、マスメディア。。。

あなたは、お金や富に関して誰から学んで育っただろうか?

ほとんどの人は、冒頭にあげた人たちからだろう。



世の中には、特別なコネや情報がないとお金持ちにはなれないと思っている人が大勢いるが、実際にはそんなことはない。

誰に対してもオープンになっている公開情報のなかにも有益で重要な情報はたくさん存在している。

そういった公開情報をチャンスに結びつけることができないのは、
先入観や固定概念が邪魔して、「自分フィルター」をかけてしまうからである。




お金や富に関して教えてくれた人の多くは、それらとは無縁の人だ。

だから、そういった人たちから聞いた話のほとんどは意味がないどころか、
マイナスにすらなってしまう。

「食べていければいい」という価値観がベースであればいいのかもしれないが、
やっかいなことに、旧来のやり方ではそれすらも持続不可能な時代に突入していく。




公開情報を手にしたとき、片や重要な情報として処理し、片や自分には意味がない情報として切り捨てる。

世界は激しい格差社会といわれて久しいが、一体これほどの格差が世の中に存在するだろうか。



お金持ちはつねに「なぜ?」を抱くが、お金に縁のない人は感情を抱く。

誰かが大きく儲けたという話を耳にしたとき、妬みの感情とともに
「なにか悪いことしているに違いない」と自分が行動しない言い訳にしてしまう。




自分がどちらの側なのか簡単に診断する方法は、ニュースサイトのコメント欄を見ればOK。

激しく批判や文句を書き込んでいる人のほとんどは、重要な情報を、
重要な情報として認識できない人たちである。

どんなにくだらない記事のなかにも必ず有用な情報は存在する。



彼らと近い思考回路を持っていたら、思考のパラダイムを見直す時期なのかもしれない。 

debt-slave-702x459



この画像に資本主義の本質がすべて表されている。

人類史上もっとも洗練された奴隷制度において、



借金は、債務者が債権者に負う債務のことだ。

借金は、債権者が金額換算できる資産を債務者に貸すことに同意した時点で成立する。

借金は、返済額に利子をくわえた金額で承認される。




基本的には、ぼくたちは誰しも借金が危険なことだと知っている。

しかしながら、同時に日常生活においてそれを必要なものだと考えているひとも多くいる。



借金をして家を買い、車を買い、学校へ通い、家電や娯楽品、旅行を買う。

いまの日本には、借金をして衣服や食料品、家具などの基本的なものを買うひとも増えている。




借金が危ないということを理解するために経済学の学位は必要ないし、

収入よりも支出が多ければ、ゆくゆくは破産するということを知るために公認会計士になる必要もない。






借金ははたして「必要」なものか? 答えはNOだ。


世の中には”よい借金”と”わるい借金”があるが、
どんな場合でも借金は危険であることに変わりはない。




どうやらこれを理解していないのが、国(政府)だ。

いや、理解していたとしても、けっして事実とは認めないだろう。


その理由はとても簡単で、

政治家たちは、「約束をする」ことで地位と権力、富を得ているからである。




賃金を上げます!

社会保障を充実させます!

助成金を出します!

戦争します!

と約束し、選出されれば、それらの公約を果たす場合もときにはある。

そして公約の実現には、多額の費用が必要だ。



ぼくたちの政府は借金に借金を重ね、
その債務残高は1200兆円を超え、日本を世界一の債務国にしてしまった。

日本の国債はすでに格下げされており、
財政の支出規模を縮小させなければ、また同じようなことが起こるだろう。



だが、支出を減らすには、たくさんの政府関係者を解雇しなければならない。

当然だが、彼らは誰ひとりとして失職を望んでいない。


つまり、彼らがこれまでの流儀を変えることに同意する可能性は極めて低いのだ。


そうする代わりに、大部分はさらなる借金やインフレによって借金を返していくことになる。






この構造的な問題、状況はぼくやあなた、すべてのひとに影響をおよぼす。


一番影響を受けるのは、超富裕層や富裕層などの上流階級のグループだ。

より多くの税金を支払い、保有資産の価値の引き下げを受けるという形で債務を返済する。


準富裕層やアッパーマス層も同様に借金を返済する。

労働者階級や貧しい人たちも同様だ。

貧しいというのは、部分的もしくは全面的に政府の援助で生活しているひとたちのことだ。

この層はほとんど税金を払う必要はないが、援助が削減され、買うものすべての負担がふえることになる。



全国規模では、残念ながらこのような状況を回避する方法はない。

ぼくやあなたができることは、増税、インフレ、世界経済における不確実性の増大から自らを守っていくことだけである。


いま、あなたは流れ込む収入の増加に真剣に取り組むことで、現実的な対策を講じることができる。


その最初のステップは、あなたの現在の経済状況がどうであれ、

そこに対して唯一かつ全面的に責任があるのはあなた自身であることを、

問題の先送りをせずに受け入れることである。



本当に受け入れるのが早ければ早いほど、問題を早く克服できるだろう。

それも、思ったよりも簡単に。



逆に、あなたのその状況について、ほかの誰かに対して憎悪や憎しみを抱いていれば、

5年後、10年後も同じ状況である可能性は極めて高い。


ぼく自身の経験からも、世界はそのようにできていると確信している。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


さて、昨日はいい感じで回帰関連が忙しかったですね〜!

ロンドンオープン辺りから鉄板の動きでした(・∀・)


利確できたものは特に振り返る点もないほどキレイなチャートだったから、

今日はあえて狩られたものを振り返ってみよう( ̄ー ̄)



ドル円 1H足 環境認識

05

う〜ん。やっときたって感じやね。笑

3波目(5波目)最後の伸び切りをいただく場面。好きなとこ。

直近のレジ意識ラインこえて、いわゆる「抜けてくるポイント」ってやつ。

BBもバッチリだし、転換ポイントで早めに打ってる感じ。



4H足 環境認識

40


完ぺきな状況ではないけど、特に否定もないって感じ。

この環境なら打てるね。

カップ&ハンドルのハンドル作り終わったとこでもある点にも注目!



執行足 1M

25


ぼくのクセ、ちょっと突っ込み気味のロング。

ここの反省点としては、直近の秩序をふまえてもうワンテンポ待つべきだった。

この後30pips以上取れたことを考えると、方向性は正しかったがタイミングでアンラッキーだった感じ。


このパターン多いんだよな。笑


てことで、昨日のような地合いはいかなアカンやつです(`・ω・´)

頑張っていきましょう!

standup_0



一般的に日本人は投資が下手だと考えられている。

そしてそれはあながち間違いではなく、今日の日本人の大半は投資が下手である。


実際に下手でありながら自分でも

「わたしは投資のことなどわからないし、下手だ」

と思い込んでいるわけだから、これは自分で自分を刃物で切りつけているようなものだ。



しかしながら、実はわたしたちの根底では、
とんでもなく優秀な「投資の血」が流れているとしたら、どうだろうか?


少しは前向きになれるのではないだろうか?


今日はそんな話をしていこう。




界最古の先物市場

時は1730年、江戸時代の日本には「堂島米会所」という
世界でもっとも古い米の商品取引所が存在した。

アメリカでもっとも長い歴史をもつシカゴ証券取引所(CHX)が
1882年に開設されたことを考えると、じつに150年も先駆けていたことになる。


さらに、井原西鶴は「日本永代蔵」のなかで、
当時大阪に出回っていた米の現物は200万石であるのに対し、
たった2時間で120万石の取引があったと記している。


これはいったいどういうことだろうか?


そう、現実にはない米が売買されていたということである。

これはまさに現代でいうところの先物取引(Futures Trading)だ。


現代でいうところのトレーダーが
「一手に千両の花が咲く」といわれるほど儲けに儲け、活況を呈していた。


この史実が示すとおり、日本人は世界で初めての投資のシステムを
開発、構築し、うまく運用していたのだ。



今では世界中で使われているローソク足チャートも

ローソク足チャート

日本人が開発し、この時から使われていたのだ。



昔から大の投資好きでしかもかなり上手だったのである。

これを読んだときの戦慄はいまでも覚えている。




ロパガンダという洗脳

00002d

00002e

(出典:奈良県立図書情報館





その後、日本が戦争の時代へ突入していく際に
当時の政府によるプロパガンダが展開されていくことになる。




まさに「投資から貯蓄へ」である。




今日の金融庁が「貯蓄から投資へ」と謳っているのとは
比較にならないほどのインパクトである。



戦争に負けることはそれ即ち生死に関わる問題である。

ここから日本国民はまさしく命がけで貯蓄にかじを切ることになった。



政府が国民に貯蓄をさせたのはもちろん戦争をするためであり、
国民のお金がことごとく戦費へ費やされることになる。




戦という追い討ち

文字通り国民の全財産を投じたにもかかわらず、日本は戦争に負けた。

無一文の日本はハイパーインフレを経験し、完全な破綻状態となってしまった。



ここで、早く国を建て直したい政府はまたしても同じ手法を使うことになる。

そう、国民に貯金をさせたのである。




「投資から貯蓄へ」と総動員でかじを切ってから実に80年もの歳月が流れ、

「お金は銀行に預けるもの」という思考に身も心も染まってしまったのである。




れにとって都合がいいのかを考えよ

せっせと貯蓄に励んでくれるのは現在でも国にとっては都合がいいことである。


あなたが金融機関に預けたお金はジャブジャブと国債に流れ、
愚かとしかいいようがない政策にも平気でお金が使えるわけだ。



金融庁の「貯蓄から投資へ」という呼びかけに本腰が入らないのも、


「バカで無知な国民に無思考に貯金をさせ、それを役人が好きに使う」


という図式を崩したくないという本音があるからだ。



ここで、国や政府を批判していても仕方がない。

税金が重い、生活費が足りない、インフレが苦しいと嘆いているばかりでもだめだ。

誰もあなたを助けてはくれない。



ぼくは、マーケットがあって本当によかったと思う。

マーケットは理不尽ばかりの世の中で数少ない、自分でなんとかできるところなのだ。

他人任せではなく、自分で裁量をふるえるところである。



あなたは、日本人は、決して投資が下手なのではない。

思い込みというある意味最強の敵が己のなかに潜んでいるだけなのだ。

↑このページのトップヘ