Think Trade, Think Life.

トレードに真剣に向き合い、スキルとして確立するためにはどうしたらいいのか?を読者の皆さんと一緒に考えていくブログです。 ぼくのトレードひとり反省会もやってます。

優れた投資家は優れたビジネスマンであり、優れたビジネスマンは優れた投資家である。

2018年11月

バフェット はいかにして バークシャー・ハサウェイ を築き上げたのか




バークシャー・ハサウェイ(BRK.A)の利益がどこにあるのか
疑問に思うなら、オマハに拠点を持つ「お金を稼いでいない」企業の
産業を数えれば時間の節約になる。

鉄道。BNSF Railwayは北米で2番目に大きな貨物線であり、
バークシャーの子会社だ。

自動車保険。バークシャーの子会社であるGEICO
業界で2番目の地位を占めている。

メンズアパレル。バークシャーの子会社Fruit of the Loom Inc.は、
米国でほかのどの会社よりも多くの男性用下着を販売している。

実際には、米国の主要産業のリストを調べると
バークシャー・ハサウェイがその基盤をカバーしている。

ビジネスジェット機レンタル(NetJets)、
ジュエリー(Borsheim's Fine JewelryHelzberg DiamondsBen Bridge Jeweler Inc.)、
家具(RC Willey Home FurnishingsCORT)、
キャンディー(See's Candies)、運送(McLane Co., Inc.)、
モジュラー住宅(Clayton Homes)、新聞(The Buffalo News

これらはすべて同社の成長するポートフォリオに含まれている。

2018年11月現在、バークシャー傘下の5,080億ドル規模の
多様なビジネスには一見すると数に限りがない。

19世紀に設立されたマサチューセッツ州の別々の綿工場、
Berkshire Fine Spinning Associatesと
Hathaway Manufacturing Co.が1955年に合併し
バークシャー・ハサウェイが誕生した。

ウォーレン・バフェットは60年代初期にこの会社が本当の価値よりも
安値で放置されていると確信し株を買い始め、結局1965年5月10日に
完全に支配下においた。

2年後、バフェットは正式にバークシャーをコングロマリットにした。

これは繊維業の利益で国家補償を買うことによって、
同社がおこなった多くの保険買収のうちの
最初のひとつになった。



ークシャー・ハサウェイの軍資金

バークシャー・ハサウェイの生命線は
業界関係者が「フロート」と呼ぶものだ。

フロートとは保険の加入者が払い込んだ保険料のうち、
保険準備金を差し引いた残りのことだ。

厳密にはこのお金は保険会社のものではないが、
マネージャーによって適切に投資されるよう手元にある。

1000億ドル以上のバークシャーのフロートは
世界最大規模であるだけでなく、一世代前の50倍もの規模だ。

この資金こそがバークシャーに、一時的に傷ついた会社を
すばやく買収し息を吹き込むことを可能にしている。

事例:Fruit of the Loom Inc.
ぼくは個人的にこの会社の下着を愛用しているが、
同社の株式が97%も価値を失ったあと、2002年にわずか
8億3,500万ドルでバークシャーに買収されている。

バフェットのメンターであるベンジャミン・グレアムによる
主な教義のひとつに、配当は投資家の秘密の武器である、というものがある。

Fortune 500企業のうちバークシャー・ハサウェイが大きな地位を占めている、
アップル(AAPL)、コカ・コーラ(KO)、アメリカン・エキスプレス(AXP
などの企業の多くは毎年配当を維持、もしくは増配している。

たとえばコカ・コーラは、55年間連続で増配しつづけている。

軽率な投機筋が価格が上昇している注目株を追いかけるのに対し、
辛抱強い投資家は株主に定期的に支払いができる十分な
ファンダメンタルズを持つ企業の株を大量に買い込む。

配当が会社の潜在力のもっとも確実な指標であるにもかかわらず、
金融の報道機関は、株価や価格の動きを示すばかりで
ほとんど配当のデータを紹介しない。

結局のところ経営陣は、支払いが実現できるに十分なほど
大きな利益をあげた場合のみ、株主に現金を引き渡すだろう。

ウォーレン・バフェットの配当の追求により、
バークシャー・ハサウェイは一貫して成功を収めている。



当を支払う?とんでもない

驚くことではないが、配当を支払う企業に投資するバフェットは、
自分の会社の投資家には支払うことを避ける。

企業が差し出すお金を受け取ることは理にかなっているが、
不必要に支払うことは決してしない。

こういうことだ。

実際には、バークシャー・ハサウェイは
かつて一度だけ配当を支払ったことがある。

1967年に一株あたりたった10セントの配当を支払った。

それ以来今日という今日までバフェットは、
もし配当の支払いが承認されるようなことがあれば、
私がトイレにいるときに勝手に決められたことだろうと
冗談を飛ばしている。

つまりバークシャーの株主は、同社が配当を拒否したことに
ついて不平をいうことは目先のことしか考えていないと言われてしまうのだ。

株価は過去51年間以上にわたって急騰しており、
1980年の275ドル、1995年の3万2,500ドル、
そして2018年11月7日の終値で32万7,050ドルで取引されており、
これはほかに類を見ない実績である。

バークシャー・ハサウェイの論理的根拠はシンプルであり、
異論を唱えるのはむずかしい。

もしあなたが投資家なら、
消費するための配当金支払いを受けたいか?

それとも、つつましい繊維業だった会社を
これまででもっとも大きく、もっとも尊敬され、
もっとも財務的に安定している企業に変えてしまったチームが
そのお金を再投資するのを見ていたいか?

バークシャーのクラスA株は一株で平均的なアメリカ人の給与の
数年間分に相当するため、株がまれにしか取引されないのは不思議ではない。

1日におよそ300〜400回しか取引されないのだ。

バフェットはクラスA株を分割するという考えを受け入れたことは一度もなく、
それをしてしまうと投機の対象となってしまうと考えている。

しかしバフェットは数年前にクラスA株の1/30の価値のクラスB株(BRK.B
の発行を承認した。

2010年にクラスB株に対して1:50の比率で株式分割したあと、
クラスB株がBNSFを指数に置き換えた。

より低い価格とそれに伴った流動性により、クラスB株は
市場の価値を評価する指標とするのに適している。

クラスA株は高価すぎるのと、
あまりにもわずかにしか保有されていないため、
効果的な指標の構成要素は作れない。



とめ

一部の投資家は価値を探し、
その基準に合致する株式を購入する。

バークシャー・ハサウェイも同じアプローチでビジネスを行っているが、
わずかな株式を買う代わりに会社全体を買収する。

その戦略を適用しつづけて40年以上経っても、
競争相手のいないグローバルコングロマリットでありつづけている。

あなたは 世界 の トップ 1% にいる




ウォール街を占拠せよ」運動は、
世界中の所得格差に焦点を当てた。

長いあいだ抗議者はウォールストリートを非難してきたが、
問題は完全には消え去っていない。

たしかに、持つものと持たざるものの差は
これまで以上に広がっている。

クレディ・スイスのGlobal Wealth Report 2018によると、
成人の上位1%が世帯の富の47%以上を占めている。

これは興味深い質問を提起する:
世界で1%というのは正確には誰になるのか?

驚くべき答え:
もしあなたが日本人なら、とくに裕福である必要はない。



入によるランキング

世界の所得格差に関する気づきを与えてくれる
Global Rich Listというサイトによれば、3万2,400ドルの年収があれば
あなたは世界の上位1%の基準を満たしていることになる。

3万2,400ドルというのは、

・366万円
・2万8,360ユーロ
・240万ルピー
・22万4,969元

だ。

もしあなたが会計士、看護師、学校の先生...etcであれば、
お祝いだ。

これらのキャリアの平均賃金は、世界のトップ1%に収まる。

驚くことではないが、世界一の経済大国アメリカだけで
1%に入ろうとするとはるかに高い収入が必要だ。

経済政策研究所の2018年の報告書によると、
基準を満たすには年収42万1,926ドル(約4,775万円)稼ぐ必要がある。



によるランキング

収入だけでなく、あなたが所有している富の面で
世界トップ1%に達するためには、財産から投資価値までのすべてを含む
純資産で77万ドルを持っていなければならない。

これはおおよそ次のようになる:

・8,714万円
・67万1,451ユーロ
・5,630万ルピー
・530万元

経済協力開発機構によると、アメリカ人は世帯収入では
世界第4位と高いが、中央値はあまり高くない。

実際、クレディ・スイスのGlobal Wealth Databookは
この観点では米国をなんと25位にランクしている。

この格差にはいくつかの理由がある。

1つは、米国の消費者がヨーロッパの消費者よりも
クレジット(借金)に頼っている傾向があることだ。

クレディ・スイスのデータによると、
典型的なアメリカ成人は6万205ドル(約681万円)の
借金やローンを背負っている。

そして最新のデータは、米国における巨額かつ増えつづける
所得格差を明らかにしている:

2017年の論文では、経済学者のエドワード・N・ウォルフが
アメリカの上位1%の世帯が下位90%の世帯の富の合計よりも
多くを所有しているということをFRBのデータを用いて示した。


Screenshot 2018-11-07 16.21.34

ソース:ワシントン・ポスト



困の広がり

もちろん、極端な貧困層にとってこの世界1%の壁はとてつもなく高い。

たとえばクレディ・スイスのレポートによると、
インドの平均的な成人は合計で7,024ドル(約79万円)の富を所有している。

アフリカの平均的な成人は4,138ドル(約46万円)でさらに低くなっている。

これをアメリカの成人の平均40万3,974ドル(約4,566万円)や
ヨーロッパの成人の平均14万4,903ドル(約1,638万円)と比べてみてほしい。

いまや「平均的な富」という言葉が誤解を招く可能性があることは事実だ。

特に米国のように資産が超富裕層に偏っている国ではそうだ。

しかし、米国の富の中央値61,667ドル(約697万円)
(国民の半数がこれ以上持ち、残り半数がこれより少ない)であっても、
地球のほかをはるかに上回っているのだ。



とめ

グローバルな収入における「上位1%」という言葉は
特別な集団のように聞こえるかもしれないが、
かなり多くの日本人が所属していることになる。

これは地球を共有している大多数の途上国にくらべて、
先進国がいかに繁栄しているのかを思い起こさせるものである。

IMG_0370




投資・トレードに関する意識が
どんどん高まっているのを感じます。

本日は大阪です。

みなさんにお会いできることを楽しみにしています!


IMG_0369
IMG_0367
IMG_0376
IMG_4938
IMG_6377
IMG_2412

800x600_r_Europe_47674412




FXにおける価格変動を引き起こすもっとも重要な影響のひとつに、
世界の主要な8つの中央銀行による金利の変動がある。

金利のシフトは、経済の健全性を評価する指標としての
政策的、貨幣的な対応を意味する。

なにより大切なことは、
国のファンダメンタルズの一面を突然に変えてしまうことで
マーケットを即座に動かす力を持っているということだ。

さらに、金利変動におけるサプライズは
トレーダーの素早い反応とより大きな利益につながるため、
もっとも大きな影響をおよぼす。



利の基礎

金利は次のように通貨に影響を与える:

収益率が高いほど、投資された通貨に対する利息が大きくなり、
利益も大きくなる。

結果として、ほかの国々と比べて高い金利というのは
投資家がリターンを求めていくにつれて
資本が大きくシフトすることにつながる。

為替投資家の仕事は、ニュース、経済レポート、
チャートなどの要因を分析し、金利の変化を予測することだ。


金利が高い通貨を買うために、低い金利で通貨を借りることが
有効な戦略であることは理解しているだろう。
(この戦略はキャリートレードとも呼ばれる。)

しかし、通貨変動によって利子が相殺されるリスクがある。

もし外国為替で利益をあげることが簡単なら、
キャリートレードは金利の知識で武装している人が使う
唯一の戦略になるだろう。



利を予測する方法

各国の中央銀行は、その国の金融政策と銀行が互いに
借りるために使う短期プライムレートを管理している。

経済が順調なときにはインフレを抑制するために金利は上がり、
厳しいときには貸出を促し経済にお金を注ぎ込むために
金利を引き下げる。

FXトレーダーは前回の記事で説明した
経済指標を調べることで、中央銀行(FRBなど)が
何をするかについての手がかりを得ることができる。



央銀行の金利予測

経済指標のデータや経済の大まかな評価をつかって、
トレーダーはFRBの推移を見積もることができる。

一般的には指標が良くなり経済が順調だと、
金利を上げる必要があり、改善度合いが小さければ
据え置かれる。

同じように、指標が悪化すれば借り入れを促すために
金利を引き下げる。

伝統的な経済指標以外にも、調べるべき分野が2つある。


1. 主要な発表

中央銀行の公表が予定されているときは通常、
銀行がインフレをどのように見ているのか
についての洞察を与えてくれる。

たとえば2017年3月15日、金融危機以降で中央銀行が
3回目のFF金利を引き上げたというニュースのあと、
米連邦準備制度理事会(FRB)のジャネット・イエレン議長(当時)は
ワシントンでのブリーフィングで発言した。

ニュースは株高を誘ったが、米ドルは下落した。

これは下図ではっきりと示されている。

Screen Shot 2018-11-02 at 18.27.26


図1:FRBの金融政策アナウンスとブリーフィングに対するUSD/JPYの下落
ソース:Tradingview


2. 予測

専門家の予測を分析することで、金利の決定を予測することもできる。

金利の動きはあらかじめ十分に予測される傾向にあるので、
主要な仲介業者、金融機関およびプロのトレーダーは
金利についてのコンセンサス予想値をもつ。

トレーダーにとっての大まかな良いやり方は、
より正しい予測をするためにこれらのコンセンサス予想値
(数値的にとても近い傾向がある)の4〜5つを取って平均することだ。



プライズが起きたときの対処方法

場合によっては中央銀行は予期せぬ金利の引き上げや引き下げ、
あるいは政策の大きな変更の発表などで
すべての予測をなぎ倒すことができる。

こういったことが起きたとき、
マーケットがどの方向に動くのかを知るべきだ。

利上げがある場合、トレーダーが買うことによって通貨は上昇し、
利下げがある場合、トレーダーは売り、より高い金利の通貨を買う。

ひとたび決心したら:

・すぐに行動しよう!
 外国為替はサプライズが起きると電光石火のスピードで動く。
 なぜならすべてのトレーダーは大衆よりも先にポジションをもつ
 ことを競い合うからだ。(利上げ利下げに応じて売買する)
 そうすることで正しい方向へ乗れば大きな利益につながる。

・ボラタイルなトレンドの反転に注意しよう。
 トレーダーの知覚/感情は、データのリリース時にまず市場に影響を与える。
 しかし論理的思考が戻り、トレンドは元に戻る可能性がもっとも高い。

次の例は上記のステップを示している。


2015年1月、スイス国立銀行(SNB)はユーロに対するスイスフランの
上限を撤廃すると突如発表し、世界に衝撃を与えた。

SNBは数週間前には上限を守ると繰り返していたにもかかわらず、
チャートにも明らかなように、それは起こった。

こういったサプライズはFXトレーダーの資産に劇的な影響を与える。

多くの場合で、このような動きは
リスクが大きすぎるトレーダーを一掃するのに十分だ。

Screen Shot 2018-11-02 at 18.34.01


図2:ユーロに対するスイスフランの上限を撤廃するという
   SNBの決定に応じて、EUR/CHFが下落した。
ソース:Tradingview



とめ

ニュースに細心の注意を払い、中央銀行の動きを分析することは
FXトレーダーにとって優先事項であるべきだ。

金融政策の変更により、為替相場が変化する。

これらの動きを理解し、予測することで
取引の機会を特定することができるのだ。

↑このページのトップヘ