Think Trade, Think Life.

トレードに真剣に向き合い、スキルとして確立するためにはどうしたらいいのか?を読者の皆さんと一緒に考えていくブログです。 ぼくのトレードひとり反省会もやってます。

優れた投資家は優れたビジネスマンであり、優れたビジネスマンは優れた投資家である。

2018年10月

Wagento_SMB_Customer_Service_Blog_770x433




どんなビジネスであれ立ち上げるのは楽ではないが、
自分のビジネスを立ち上げるとなるとさらにむずかしい。

自分のスモールビジネスをはじめる人は誰であれ、
精通し、賢明で、リスク対する高い耐性と強い信念を持つ必要がある。

それに加えて、
意欲的な起業家は成功するための
明確なステップに従うことが必要だ。。



1. リサーチする

スモールビジネスか大企業かにかかわらず、
はじめのステップはリサーチすることだ。

これはさまざまな業界について学び、
解決できる課題や悩みを特定することを指す。

たとえば、ファイナンス業界の経験があって自分のスモールビジネスを
はじめたい場合、まずは馴染みのない業界について学ぶ必要がある。

この結果、新しい視点がもたらされ、
業界内にいる人が気づかないような
課題を見つけることができる。

あらゆることをリサーチしてみよう。

次のビジネスアイデアがどこで産声をあげるかはわからない。



2. ビジネスプランを練る

課題が特定されたら、付加価値を生みだして
課題を解決するようなビジネスプランを作成しよう。

たとえば、ある人がファイナンス業界の経歴を持っている場合、
医療分野や製造業で課題が特定できる可能性がある。

患者が医師の予約をすることはきわめて困難であり、
業界内からの解決策はなかった。

新鮮なアプローチをとって、
この課題を解決するビジネスプランは、
予約プロセスを合理化するWebアプリケーションを作ることだ。

事業計画では、問題と提案する解決策について
具体的に説明する必要があります。



3. 顧客との対話

特定の業界で問題を明らかにし、
それを解決する可能性のあるビジネスプランを作ったら、
アイデアとビジネスプランを検証しよう。

これは受話器を手にとり、
問題に直面している潜在顧客に
電話をかけることでできる。

ヘルスケアの例では医者と患者の両方と話して、
予約アプリが両者にとって有益かどうかをたずねる。



4. アイデアを実行する

アイデアとビジネスプランが
業界内の顧客との対話によって検証されたら、
そのアイデアとビジネスプランを実行に移す。

ビジネスを計画フェーズから
実行フェーズへと移すときには、
多くの知覚リスクがあるため、
ほとんどのスモールビジネスのオーナーが尻込みしてしまう。

ただし前述の3ステップに従っている場合、
アイデアとビジネスプランがすでに潜在顧客によって
検証されているという事実から、
全体的なリスクは軽減されているはずだ。

つぎに、アイデアを裏付けるために対話した
同じ潜在顧客に実際に製品またはサービスを
販売しなくてはならない。

スモールビジネスオーナーの顧客が
資金提供できるようにするために、
何かを構築したり作成したりする前に
ビジネスアイデアを前宣伝することもできる。



5. 時間の経過とともに反復する

どんなビジネスにも普遍のもの、
それは変化だ。

すべてのステップに完全にしたがい、
すべてのアイデアを十分に検証しても、
物事は予定通りには進まない。

すべてのスモールビジネスオーナーは
このことを理解しておくことが大切だ。

ステップ5は、時間の経過とともに反復し軌道修正することだ。

合理化された医師の予約という市場機会は、
考えていたほど大きくないかもしれない。

ただし、ビジネスの創出プロセスを通して
さらなる洞察を得ることができ、
さらなる大きなビジネスチャンスのために
反復していくことができるだろう。

99440424a24b7b44




前回の記事の続きです。



イトレード戦略

トレードには、かなり大きなポジションを
活用するために十分な資本が必要だ。

ほとんどのトレーダーは
中〜高ボラティリティの流動性のある株式や、
インデックスの比較的小さな価格変動でお金を稼ぐ。

ロング(買い)にしてもショート(売り)にしても、
お金を稼ぐには価格変動が必要だ。

ボラティリティが高いほどリスクが高くなり、
より大きな利益と損失の可能性がある。

数百株以上の株式を買うことができないかぎり、
手数料をカバーするだけのお金をトレードで得ることはできない。

株式の価格が低いほど、十分なレバレッジと
総価格の動きを得るために必要な株式が増える。

トレードでの成功の鍵は、エントリー・イグジットポイントを
決定するスキルを開発することだ。

ひとたびそれに慣れてしまえば、
ほとんどのトレーダーは自らが忠実にしたがう
トレードスタイルを構築する。

毎日1つか2つの株式を取引する人もいれば、
お気に入りの小さなバスケットを取引する人もいる。

少数の株式のみを取引する利点は、
さまざまな条件下でそれらがどんな動きをするのか、
そして値動きが主要なマーケットメーカーによって
どう影響されているのかを学ぶことができることだ。





トレードプロセスを開発し、デモトレードに挑戦してみよう。

プロセスを改善し、あなたに合ってうまくいくものを発見しよう。

そうなったときに、本物の資金を投入して
マーケットをアクティブに取引し始めるべきだ。

経験豊富なトレーダーは、取引のセットアップを構成するものと
トリガーを引く前にパターンとインジケーターの組み合わせを明確にする。

感情に左右されずフォーカスを維持するために、
これらのセットアップから逸脱することはめったにない。

ひとたびエントリーしたら、指定した損失の基準値に
達したときにポジションから抜け出すためにストップを置く必要がある。

トレードが間違ったほうに向かっているなら、
お祈りはそれをくつがえすのに役には立たない。

ポジションを閉じれば資本が解き放たれ、
より有望な取引に移っていくことができる。

負け戦はできるだけ早く終了し、
勝ち戦は儲けがあるかぎり乗っていこう。



イトレードでの成功

デイトレーダーの成功率はわずか10%と推定されている。

デイトレードが注目を集めているのは、
その理論が理にかなっていることを示唆しているように見える。

しかし評論家は、もしそうなら少なくとも1人の著名な
マネーマネージャーがシステムを極め、
「デイトレードのウォーレン・バフェット」の称号を
得ているはずだと主張している。

一代で伝説となった投資家のリストには、
デイトレードでその名声を得た個人は含まれていない。

30分〜30日のタイムフレームで取引を行う
マイケル・スタインハートですら、投資の意思決定について
長期的視点をもつと主張した。

経済的な見地から、多くのプロのマネーマネージャーや
ファイナンシャル・アドバイザーは、得られるリワードが
単にリスクを正当化するわけではないと主張し、
デイトレードを避けている。

ということで、もし約90%のデイトレーダーが
お金を失っているなら、一体だれがこの方法で
生計を立てることを期待できるだろう?

その答えは、専門的な訓練、熱心なリサーチ、
洗練された技能、優れた規律、
間違いを認めて損失を減らす能力にある。

ときには不完全で矛盾していて、一瞬で変化する
情報に基づいて、感情を入れない決定を下す
準備ができていなければならない。

統計は、「言うは易く行うは難し」をかなり
はっきりと証明している。



とめ

デイトレードは臆病者のためのものではない。

今回は主に株式を想定したが、
もちろんどんな投資対象にも当てはまる。

勝てる戦略とは、支払能力を超えたトレーディングや
大きな手数料の罠を避けることと、
1日で多くの取引をすることとのトレードオフのなかで
バランスポイントを見つけることだといえる。

あなたが要領を覚えて現実的な目標を設定すれば、
デイトレードは楽しいだけでなく利益をもたらすことができる。

デイトレーダーになることに興味があるなら、
まず初めのステップはあなたのニーズに合うブローカーを選ぶことだ。

GettyImages-651455230-59b6e0a803f4020010c91fdb




90年代後半のハイテクバブルの絶頂期、
デイトレーダーはインターネット株を売買することで
大きなイージーマネーを得ることができた。

当時、成功するためにスキルはあまり必要なかった。

1998年10月から2000年3月までのわずか17ヶ月のあいだに、
NASDAQ総合指数は1,344あたりから5,132まで飛躍的上昇をみせた。

利益を得るためにしなければならなかったのは、
この大波に乗ることだけだった。

トレーダーの多くは2002年10月に約1,108をつけ、
31ヶ月でその価値の78%を失っときに
同じだけの損失を被った。

ひとたびバブルが完全に弾けると、
イージーマネーは枯渇することとなった。

一時は幸運とタイミングだけで
あぶく銭を手に入れたトレーダーたちは、
取引から身を引き、ほかの職を探した。

彼らは、デイトレードで一貫して生計を立てるには
ほかの専門職と同じように教育とスキルを
必要とすることに気づいたのだ。



イトレーダーとしての資格とは

2001年9月28日、
全米証券業協会(NASD、現在の金融取引業規制機構FINRA)と
ニューヨーク証券取引所(NYSE)はデイトレーダーの定義を修正した。

彼らが使う新しい用語は「パターンデイトレーダー」だ。

投資家は、以下の2つの特性のうち1つを有することで
パターンデイトレーダーとして分類することができる。


1. 5日間で4回以上取引する。ただし、1日の取引の数が
 その同じ5日間のトレード活動の6%を超える場合

2. 投資家が取引を行っているか、新しい口座を開設している会社は、
 その人のことを合理的にトレーダーとみなす


投資家がデイトレーダーとみなされると、
証券会社はその人をこのように分類しなければならず、
投資家は資本要件の引き上げを受ける。

おもに、証券会社は顧客がトレードを始めるとき
最低でも25,000ドル(約280万円)の資本を義務付けている。

この最小資本要件は、証券取引委員会(SEC)
とNYSEによって導入された。

トレーダー自身の資本によって
損失を相殺することを確実にするため、
この要件はレバレッジのかかったトレードによって
証券会社に課せられる固有のリスクに対処する。

より限定されたマージンルールも導入された。

トレーダーは維持証拠金レベルのわずか4倍しか購入することができない。

この水準を超える場合、トレーダーにマージンコールを出す。



イトレードの基礎

純粋なデイトレーダーは、
株式やそのほかの資産を売買し
ポジションをすべて閉じて取引日を終える。

数日間ポジションを持っている場合、スイングトレードと呼ばれる。

ほとんどのトレーダーは、取引スタイルと投資の性質に応じて
両方のアプローチをとる。

トレードには専門のソフトウェアプラットフォームと
高速インターネット接続が必要になる。

独自の取引プラットフォームを設計して構築することもできるが、
ほとんどのトレーダーはブローカーやソフトウェア会社によって
提供されたパッケージ化されたセットアップを使用する。

少なくとも2台のモニター、
できれば4台から6台のモニターを備えた
強力なデスクトップを持つことがベストだ。

売買シグナルを提供するチャートや
テクニカル指標を表示するには、
複数のモニターが必要になる。

証券会社のプラットフォームを使用する場合、
リアルタイムのニュースとデータフィードが
パッケージに含まれていることを確認しよう。

トレンドをしっかりと判断し、
必要な時間枠とトレーディング戦略を描くためには、
そういったデータが不可欠だ。



クニカル指標

株式やマーケットのファンダメンタルズに精通しているだけでは、
トレーダーとして成功するためには十分ではない。

テクニカル分析と、チャートパターン、出来高、
価格動向を分析するために使われる
すべてのツールについて理解しておく必要がある。

より一般的な指標には、支持、抵抗レベル、
移動平均収束発散法(MACD)、ボラティリティー、
価格オシレーター、ボリンジャーバンドなどがある。

これらのインジケーターがどのように働くかを学び
理解することは、個人的なトレードスタイルを確立するために
知る必要のあることのほんの始まりにすぎない。

デイトレードについて
何百もの書籍や何千もの記事が書かれており、
オンラインコースやコンサルティングを受けることができる。


※長くなったので続きは次回。

flat,550x550,075,f.u1

あなたは一度にたくさんの場所にいることはできない。

物理的にいえば、それは不可能だ。

その枠の外で少し考えてみよう。

そうすれば
本物の経済的インパクトを得るために、
自分にレバレッジをかける方法を学ぶことができる。



済的成功のために自分にレバレッジをかける

多くの人は自分にレバレッジをかけるという概念に
なじみがあるが、重要性を十分に理解していないことがよくある。

ビジネスの世界では当然のように使われる用語なので、
「またその話か」となりがちだ。

しかし、経済的成功を
確立していく大部分をなすのがレバレッジだ。


それは単純に、
より少ないもので
より多くを行うということだ。

よりハードにではなく、よりスマートに。
より多くを成し遂げ、より多くの価値を提供する。

こういった考えに基づいている。

楽しめないことから離れ、
本当にやりたいことをしているとき、
最大限にレバレッジをかけているとわかる。

つまり、人生でなにができるか、どこに行けるか、
どうゲームをプレイするかについての青写真を変えたということだ。



通の人にどのように適用するか

あなたはお金をほとんど、
あるいは全くかけることなく
ビジネスをスタートすることができる。

これはできるだけ多くのタスクを
ほかの人に委任することを意味する。

相互利益のためにほかの人の才能、技能、
連絡先、能力、リソースを使うということだ。

あなたはあなたのしていることが得意だが、
ほかの人は別の部分であなたよりも優れている。

得意なことをやり、
残りはほかの人にやってもらおう。


青写真の壁を乗り越えたら次のステップは、
能力、製品、アイデアにレバレッジをかける
能力を最大限に引き出すことだ。

あなたは本やプログラム、テクノロジーを
作ってロイヤリティのためにライセンスすることができるだろうか?

これは収益性の高いパッシブインカムを生み出す
もっとも簡単な方法のひとつだ。



なたのリソースをつかう

レバレッジとなると、ほかの人のスキルや
リソースを最大限に活用するだけではない。

自分自身もさらに活用したい。

これはあなたのビジネス知識を強化し、
自己開発することを意味する。

常に学習しよう。習慣化しよう。

レバレッジをかけるベストな方法は、
自己教育だ。


なにか特定のことを知り自分を開発すると、
それを行動に落とし込んでいく。

あなたのスキルを使って何かをしていないなら、
知識は役に立たず、成長が止まり、
セルフイメージがどんどん下がっていく。

そんなことはお呼びじゃないだろう。



なたとあなたの健康

本気で次のレベルに持って行きたいなら、
下記のことを向上させることで
みずからにレバレッジをかけよう。


・健康
・スタミナ
・エネルギー
・ビジネスに関することすべて



人生をシェイプアップしよう。

「時間がない」というのは
簡単な言い訳だ。

しかし、疲れ切って何もできないと感じるかわりに、
前進しつづけるためのエネルギーがもっとあれば
どれだけ多くのことが成し遂げられるかを考えてほしい。

一般に、レバレッジとは
効果的に時間を管理することを意味する。

足りない、がもっと、に変わるのだ。

より多くのあなた、
より多くのお金、
そしてより多くの
あなたが本当に人生に望むものだ。



クササイズ:
なににレバレッジをかけ、行動できるか考えよう。


1. あなたのスキルと時間に合わないために、
 あなたがするべきことではないことは何か?

2. それに向いている人に、どのように委託することができるか?

3. いますぐ行動に移し、あなたの「レバレッジの勢い」を前進させよう!

IMG_0775




「またぜったいに来たい。」

今まで訪れてきた国のなかでも
本気でそう思わせてくれたのが
地球幸福度指数1位のコスタリカだ。



IMG_0706
IMG_0700
IMG_0755
IMG_0799
IMG_0707
IMG_0807
IMG_0779
IMG_0722
IMG_0798




コスタリカは近年、
増加する海外からの直接投資の恩恵にあずかってきた。

とくにテクノロジー、製造、インフラのセクターがそうだ。

これはおもに、ビジネスがインセンティブや免除を
受けることができるフリーゾーンの設立によるものだ。

ドミニカ共和国 - 中米自由貿易協定(CAFTA-DR)
の創設はコスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、
ホンジュラス、ニカラグア、ドミニカ共和国の
各国におけるより強力な貿易と安定にも役立っている。

コスタリカ政府は他の中米諸国とくらべて
民主的で安定している。
(タクシードライバーから聞いたが
これは国民も実感しているようだ。
ちなみにコスタリカでUBERは違法)

コスタリカは、
そこへの移住に関心がある人にとって
一年中の素晴らしい天候、安価な生活費、
そして手頃なヘルスケアを提供している。



スタリカの株式に投資する

コスタリカには、
Bolsa Nacional de Valoresと呼ばれる証券取引所がある。

通称ボルサ(Bolsa)だ。

この取引所はきわめて小さく、
2018年10月時点で上場している株式はわずか60銘柄だ。

この株式市場を利用してコスタリカへの
エクスポージャーを探している投資家は、
アクセスに苦労するかもしれない。

というのも、ほとんどの主要取引所とくらべて
流動性があまりないためだ。

しかしそれだけで諦めるにはもったいないほど、
ファイナンスを重視している企業が多くある。

ほとんどの国は通常、外国の投資家に対して
米国預託証券(ADR)や上場投資信託(ETF)を通じて
自国の株式市場へのより簡単なアクセスを提供している。

しかしコスタリカの株式市場は小さいので、
ADRやコスタリカ特有のETFは市場で手に入れることはできない。



スタリカの不動産に投資する

コスタリカに投資するもっとも一般的な方法は、
さまざまな不動産オプションを利用することだ。

リタイア生活を送るのに素晴らしい場所であり、
休暇の別荘の選択肢としてベビーブーマー世代に
人気が高まっている。

コスタリカの財産税は
登録資産価値の0.25%と非常に低い。

節税と安い生活費は、
円やドルの価値を追求している退職者にとって
大きなインセンティブとなる。

自然が豊かなコスタリカは、
オーシャンフロント、レイクフロント、
マウンテンサイドやシティコンドミニアムなど
さまざまな不動産オプションを提供している。

商業用不動産を求める投資家にとっても、
豊富な在庫を抱えている。

外国人投資家のニーズに応える
不動産会社も数多くある。

農場、ホテル、バー、レストランなどの
賃貸収入不動産を見つけることができる。

土地開発プロジェクトは、
住宅、商用どちらの建築許可にも
使われる可能性があるので、
投資家のあいだで人気が高まっている。



スタリカでのセクター投資

コスタリカ投資促進団体(CINDE)は、
コスタリカの多くの成長セクターへのエクスポージャー
を得たい投資家にとって素晴らしいリソースだ。

サービス業界は、バックオフィス、地域オフィス、
コースセンター、人事オフィス、デジタル技術オフィスなど
コスタリカに持ち込まれるビジネスの成長を促進している。

高度な製造業は金属、自動車、エレクトロニクス製造、
電子サービスや航空宇宙分野の企業を惹きつけている。

ライフサイエンス業界は、医療機器、バイオテクノロジー、
医薬品を製造する企業に焦点を当てている。

軽工業部門は、プラスチック、衣類、建築、繊維、
梱包資材の企業に機会を提供している。

食品産業部門は、農業、加工、食品会社の流通
といった成長を促進する。


これらのセクターをコスタリカに呼び込むために、
政府は多くのインセンティブを開発してきた。

全セクターは
すべての貿易、金利収入、源泉徴収、切手や
消費税が100%免除される。

不動産譲渡税は10年の繰り越しが可能だ。

サービスや製造部門の投資は、
さらなるインセンティブがある。

はじめの8年間、これらの企業は法人税100%免除、
その後4年間は法人税50%が免除となる。

↑このページのトップヘ