99440424a24b7b44




前回の記事の続きです。



イトレード戦略

トレードには、かなり大きなポジションを
活用するために十分な資本が必要だ。

ほとんどのトレーダーは
中〜高ボラティリティの流動性のある株式や、
インデックスの比較的小さな価格変動でお金を稼ぐ。

ロング(買い)にしてもショート(売り)にしても、
お金を稼ぐには価格変動が必要だ。

ボラティリティが高いほどリスクが高くなり、
より大きな利益と損失の可能性がある。

数百株以上の株式を買うことができないかぎり、
手数料をカバーするだけのお金をトレードで得ることはできない。

株式の価格が低いほど、十分なレバレッジと
総価格の動きを得るために必要な株式が増える。

トレードでの成功の鍵は、エントリー・イグジットポイントを
決定するスキルを開発することだ。

ひとたびそれに慣れてしまえば、
ほとんどのトレーダーは自らが忠実にしたがう
トレードスタイルを構築する。

毎日1つか2つの株式を取引する人もいれば、
お気に入りの小さなバスケットを取引する人もいる。

少数の株式のみを取引する利点は、
さまざまな条件下でそれらがどんな動きをするのか、
そして値動きが主要なマーケットメーカーによって
どう影響されているのかを学ぶことができることだ。





トレードプロセスを開発し、デモトレードに挑戦してみよう。

プロセスを改善し、あなたに合ってうまくいくものを発見しよう。

そうなったときに、本物の資金を投入して
マーケットをアクティブに取引し始めるべきだ。

経験豊富なトレーダーは、取引のセットアップを構成するものと
トリガーを引く前にパターンとインジケーターの組み合わせを明確にする。

感情に左右されずフォーカスを維持するために、
これらのセットアップから逸脱することはめったにない。

ひとたびエントリーしたら、指定した損失の基準値に
達したときにポジションから抜け出すためにストップを置く必要がある。

トレードが間違ったほうに向かっているなら、
お祈りはそれをくつがえすのに役には立たない。

ポジションを閉じれば資本が解き放たれ、
より有望な取引に移っていくことができる。

負け戦はできるだけ早く終了し、
勝ち戦は儲けがあるかぎり乗っていこう。



イトレードでの成功

デイトレーダーの成功率はわずか10%と推定されている。

デイトレードが注目を集めているのは、
その理論が理にかなっていることを示唆しているように見える。

しかし評論家は、もしそうなら少なくとも1人の著名な
マネーマネージャーがシステムを極め、
「デイトレードのウォーレン・バフェット」の称号を
得ているはずだと主張している。

一代で伝説となった投資家のリストには、
デイトレードでその名声を得た個人は含まれていない。

30分〜30日のタイムフレームで取引を行う
マイケル・スタインハートですら、投資の意思決定について
長期的視点をもつと主張した。

経済的な見地から、多くのプロのマネーマネージャーや
ファイナンシャル・アドバイザーは、得られるリワードが
単にリスクを正当化するわけではないと主張し、
デイトレードを避けている。

ということで、もし約90%のデイトレーダーが
お金を失っているなら、一体だれがこの方法で
生計を立てることを期待できるだろう?

その答えは、専門的な訓練、熱心なリサーチ、
洗練された技能、優れた規律、
間違いを認めて損失を減らす能力にある。

ときには不完全で矛盾していて、一瞬で変化する
情報に基づいて、感情を入れない決定を下す
準備ができていなければならない。

統計は、「言うは易く行うは難し」をかなり
はっきりと証明している。



とめ

デイトレードは臆病者のためのものではない。

今回は主に株式を想定したが、
もちろんどんな投資対象にも当てはまる。

勝てる戦略とは、支払能力を超えたトレーディングや
大きな手数料の罠を避けることと、
1日で多くの取引をすることとのトレードオフのなかで
バランスポイントを見つけることだといえる。

あなたが要領を覚えて現実的な目標を設定すれば、
デイトレードは楽しいだけでなく利益をもたらすことができる。

デイトレーダーになることに興味があるなら、
まず初めのステップはあなたのニーズに合うブローカーを選ぶことだ。