IMG_0775




「またぜったいに来たい。」

今まで訪れてきた国のなかでも
本気でそう思わせてくれたのが
地球幸福度指数1位のコスタリカだ。



IMG_0706
IMG_0700
IMG_0755
IMG_0799
IMG_0707
IMG_0807
IMG_0779
IMG_0722
IMG_0798




コスタリカは近年、
増加する海外からの直接投資の恩恵にあずかってきた。

とくにテクノロジー、製造、インフラのセクターがそうだ。

これはおもに、ビジネスがインセンティブや免除を
受けることができるフリーゾーンの設立によるものだ。

ドミニカ共和国 - 中米自由貿易協定(CAFTA-DR)
の創設はコスタリカ、エルサルバドル、グアテマラ、
ホンジュラス、ニカラグア、ドミニカ共和国の
各国におけるより強力な貿易と安定にも役立っている。

コスタリカ政府は他の中米諸国とくらべて
民主的で安定している。
(タクシードライバーから聞いたが
これは国民も実感しているようだ。
ちなみにコスタリカでUBERは違法)

コスタリカは、
そこへの移住に関心がある人にとって
一年中の素晴らしい天候、安価な生活費、
そして手頃なヘルスケアを提供している。



スタリカの株式に投資する

コスタリカには、
Bolsa Nacional de Valoresと呼ばれる証券取引所がある。

通称ボルサ(Bolsa)だ。

この取引所はきわめて小さく、
2018年10月時点で上場している株式はわずか60銘柄だ。

この株式市場を利用してコスタリカへの
エクスポージャーを探している投資家は、
アクセスに苦労するかもしれない。

というのも、ほとんどの主要取引所とくらべて
流動性があまりないためだ。

しかしそれだけで諦めるにはもったいないほど、
ファイナンスを重視している企業が多くある。

ほとんどの国は通常、外国の投資家に対して
米国預託証券(ADR)や上場投資信託(ETF)を通じて
自国の株式市場へのより簡単なアクセスを提供している。

しかしコスタリカの株式市場は小さいので、
ADRやコスタリカ特有のETFは市場で手に入れることはできない。



スタリカの不動産に投資する

コスタリカに投資するもっとも一般的な方法は、
さまざまな不動産オプションを利用することだ。

リタイア生活を送るのに素晴らしい場所であり、
休暇の別荘の選択肢としてベビーブーマー世代に
人気が高まっている。

コスタリカの財産税は
登録資産価値の0.25%と非常に低い。

節税と安い生活費は、
円やドルの価値を追求している退職者にとって
大きなインセンティブとなる。

自然が豊かなコスタリカは、
オーシャンフロント、レイクフロント、
マウンテンサイドやシティコンドミニアムなど
さまざまな不動産オプションを提供している。

商業用不動産を求める投資家にとっても、
豊富な在庫を抱えている。

外国人投資家のニーズに応える
不動産会社も数多くある。

農場、ホテル、バー、レストランなどの
賃貸収入不動産を見つけることができる。

土地開発プロジェクトは、
住宅、商用どちらの建築許可にも
使われる可能性があるので、
投資家のあいだで人気が高まっている。



スタリカでのセクター投資

コスタリカ投資促進団体(CINDE)は、
コスタリカの多くの成長セクターへのエクスポージャー
を得たい投資家にとって素晴らしいリソースだ。

サービス業界は、バックオフィス、地域オフィス、
コースセンター、人事オフィス、デジタル技術オフィスなど
コスタリカに持ち込まれるビジネスの成長を促進している。

高度な製造業は金属、自動車、エレクトロニクス製造、
電子サービスや航空宇宙分野の企業を惹きつけている。

ライフサイエンス業界は、医療機器、バイオテクノロジー、
医薬品を製造する企業に焦点を当てている。

軽工業部門は、プラスチック、衣類、建築、繊維、
梱包資材の企業に機会を提供している。

食品産業部門は、農業、加工、食品会社の流通
といった成長を促進する。


これらのセクターをコスタリカに呼び込むために、
政府は多くのインセンティブを開発してきた。

全セクターは
すべての貿易、金利収入、源泉徴収、切手や
消費税が100%免除される。

不動産譲渡税は10年の繰り越しが可能だ。

サービスや製造部門の投資は、
さらなるインセンティブがある。

はじめの8年間、これらの企業は法人税100%免除、
その後4年間は法人税50%が免除となる。