currency-trading



F
Xの長所と潜在的な短所


もし為替をトレードするつもりなら、ブローカーのリスクに関する昨日の記事
に加えて、FXの長所、潜在的な短所は次のようになっている:

長:外国為替市場は世界でもっとも出来高の大きい市場であり、
  流動生がもっとも高いため、メジャー通貨のいずれかでも容易に、
  一瞬でエントリーやエグジットが可能

短:流動性や、エントリーとエグジットの容易さの結果として
  、銀行およびブローカーはレバレッジを提供する。これは
  トレーダー自身の資金よりもはるかに大きなポジションを
  持てるということだ。100:1のレバレッジは高い比率だが、
  珍しいことではない。もちろん、トレーダーはレバレッジ
  の使い方や口座へのリスクを理解しなければならない。
  どれだけの利益をもたらすものでも、慎重に使われなけれ
  ばならない。この点に関する理解や知恵の欠如は、簡単に
  トレーダーの口座を消し去ってしまう。

長:外国為替市場のもうひとつの利点は、毎日オーストラリアで
  始まりニューヨークで終わる、24時間取引が可能なことだ。
  主要な軸としては、シドニー、香港、シンガポール、東京、
  フランクフルト、パリ、ロンドン、ニューヨークがある。

短:通貨をトレードすることは『マクロ経済』の取り組みだ。
  通貨トレーダーはさまざまな国の経済の全体像や、通貨価
  値変動の原動力となるファンダメンタルを把握するための
  国同士の関連性への理解が必要となる。一部のトレーダー
  にとっては、ミクロ経済活動を理解する必要がある株式や
  先物市場に存在するニュアンスやクローズドな環境を理解
  するよりも、トレードの意思決定のために経済活動に集中
  するほうが簡単だという。外国為替取引では、会社の経営
  スキル、財務力、市場機会、業界固有の知識を理解する必
  要はない。

※テクニカル分析の根底にある主張のひとつは、過去の価格変動が将来の価格変動を
 予測することである。外国為替市場は24時間市場なので、将来の価格変動を測定す
 るために使用できる大量のデータが存在する傾向にある。これは、テクニカルツー
 ルを使用するトレーダーにとって最適な市場であることを意味する。



FXにアプローチする2つの方法

株式市場での経験があるほとんどの投資家やトレーダーにとって、
分散へのさらなる機会として、通貨への移行や追加を柔軟に検討しなければならない。


1. 為替取引はアクティブトレーダーの機会として知られている。
 このタイプの機会はブローカーにとって適している。なぜなら、
 アクティブトレードにつきものの機敏さによって利益を得られるからだ。

2. 通貨取引はレバレッジの効いた取引としても知られている。
 株式市場で必要な金額よりも少額の口座を開設できる。


為替差益や金利のほかに、株のポートフォリオをヘッジするために為替取引を
使うことができる。

たとえば、株式の価値が上昇する可能性があるが、通貨の面で下振れリスクが
存在する国で株式ポートフォリオを構築した場合、トレーダーは株式ポートフォリオを
所有し、スイスフランやユーロに対してドルを売るということができる。

このようにして、ポートフォリオ価値は上昇し、下落するドルのマイナス効果は
相殺される。

これは、最終的に利益を自国通貨に戻す米国外の投資家に当てはまる。

外国為替口座を開設し、デイトレードやスイングトレードをすることは

通貨を取引する第二のアプローチは、ファンダメンタルズと長期的な利益を
理解することだ。

通貨が特定の方向にトレンドを示し、投資収益率と通貨価値の上昇をもたらすプラスの
金利差を提供する場合、トレーダーにとって有益だ。

このタイプのトレードはキャリートレードとして知られている。

たとえば、日本円に対してオージードルを買うとする。

日本の金利が0.05%なのに対しオーストラリアの金利が4.75%なら、
あなたは4%を稼ぐことができる。

もしオージードルが日本円に対して強含んでいる場合、AUD/JPYをロングし、
通貨の上昇と利回りの両方を得るのが適切となる。



資金が限られたトレーダーにとっては特に、少額のデイトレードやスイングトレードは
外国為替市場でプレイする良い方法だ。

長期的な視野と大きな資金プールを持つ人にとっては、キャリートレードが適切な選択肢
かもしれない。

どちらの場合でも、トレーダーはチャートを通じた取引のタイミングをどのように描くかを
知っていなければならない。

なぜなら、良いタイミングというのは収益性の高いトレードの本質だからだ。

ほかのすべてのトレーディング活動と同じように、トレーダーは衝動的な悪い行動パターンで
良いトレード週間に違反しないよう、自身の人格特性を十分に知っていなければならない。