First-Class-fully-flat-bed




今日では、大金を払わずに飛行機の前方に乗ることは難しくなった。

財布を破壊することなくファーストクラスやビジネスクラスに乗りたいなら、
以下のヒントを読んでみて。



ビジネス VS ファースト

ファーストクラスとビジネスクラスの違いについては、航空会社、航空機や
ルートによって異なる。

一部の航空会社では、違いはない。

そのほかでは、ファーストクラスはビジネスクラスの上位クラスの位置付けだ。

特に国際線では、ファーストクラスは隣に座っている人がいない場合が多く、
より優れたサービス、高品質の食事や飲み物、もっとも高級な航空ラウンジへの
アクセスが含まれる。

しかし、ファーストクラスの座席は高価だ。

世界のいくつかの地域では、数十万円から数百万円のコストがかかる。

シンガポール航空のニューヨークからシンガポールへのファーストクラスの航空券
は、12,000ドル(約135万円)もかかる。

これは、あなたに飛行機のエグゼクティブスイートを提供する。

真に金融の成層圏にいないかぎり、ビジネスクラスが空いているのにファーストクラス
の座席料金を正当化することは難しい。

特に国内線では、特典は似ている。



座席を得るための7つの費用対効果の高い方法

国内線では、ファーストクラスよりもビジネスクラスの座席のほうが多くみられる。

いずれにしても、どのように高い料金を払わずに手に入れることができるだろうか。


1. 予約はするな
 ビジネスクラスはエコノミーのチケットの5倍の費用がかかる。

 ビジネスクラスは良い体験ではあるが、5倍も良いとはいえない。

 ほとんどの場合、他の手段を使って安く入手できる。

2. ブランドへの忠誠を誓え
 航空会社のロイヤルティプログラムはこれまでとは違う。

 あなたが頻繁に旅行する人であっても、受けられる特典は毎回違ったものだ。

 それらのマイルは合計され、最終的に無料アップグレードに使うことができる。

 有効期限を確認し、航空会社からのメールに目を通そう。

 ポイントを失効させないようにしよう。

3. エリートや航空会社のクレジットカードを使う
 中流のカードの中にも旅行特典があるものもあるが、
 エリートトラベルカードの本物の特典は手に入らない。
 
 アメリカン・エキスプレス・プラチナ、
 チェース・サファイア・プリファードのようなカードや、
 デルタスカイマイルズ・アメリカン・エキスプレス、
 ユナイテッド・マイレージ・プラス・エクスプローラのような共同ブランドカードには、
 登録し、短期間で一定額を使うと大量のポイントがもらえるビッグ・ボーナスを提供している。

4. ポイントを買う
 ポイントの売買ができるサイトはたくさんあるが、
 大手航空会社はそれを許可していないため、
 マイル失効や購入したマイルを使えなくなる可能性がある。

 代わりに、航空会社から直接購入しよう。

5. ビジネス旅行者がいないときに飛ぶ
 ビジネス旅行者は一週間中飛んでいる。

 彼らがもっともやりたくないことは、週末に飛ぶことだ。

 これが、土曜日や日曜日の朝にビジネススイートで飛ぶ人をあまりみない理由だ。

 これは、そのときにビジネスに多くの空きがあるかもしれないことを意味する。

6. 空いているシートを狙え
 もしあなたのエコノミーシートが飛行機の前方を向いているなら、
 キャビンのドアが閉まる音を聞こう。

 ファーストクラスに空きがある場合、移動していいかクルーに聞いてみよう。

7. チェックイン時のアップグレード
 もし本気でアップグレードされた座席をお望みなら、マイルではなく、ゲートでのフリー
 アップグレードに賭けるのでもなく、チェックイン時にアップグレードを購入しよう。

 利用可能な座席がある場合、割引料金で提供されることがよくある。

 もしギャンブルでもいいなら、ゲートアテンダントにアップグレード料金を聞いてもいい。

 オンラインのレートよりも安い可能性はある。



昔は、ステータスのある旅行者はゲートでアップグレードを入手した。

これはたくさんのファーストやビジネスクラスのある長距離線なら可能だ。

しかし最近では、飛行機は小型化し、座席は減っている。

これは安くアップグレード席を手に入れることが簡単ではないことを意味する。

ほとんどのケースで、何かしら支払わねばならない。

しかし特に長いフライトにおいて、追加のコストはその価値がある。

ビジネストラベラーなら、誰でも感じていることだ。