Fotolia_16691347_Subscription_L1



「テクニカル分析」とは


テクニカル分析は、投資を評価したり、価格の動きや出来高などの
売買活動から集められた統計的傾向を分析して取引機会を見極める
取引規律のことだ。

テクニカル分析は、有価証券の本質的価値を評価しようとする
ファンダメンタル分析とは異なり、価格動向のパターン、
取引シグナル、および有価証券の強弱を評価するさまざまなチャート
分析ツールに焦点を当てている。

テクニカル分析は、1800年代後半にチャールズ・ダウのダウ理論に
よって最初に提唱された。

ウィリアム・P・ハミルトン、ロバート・レア、エドソン・グールド、
ジョン・マーシーをはじめとする注目すべき研究者が、ダウ理論の
基礎を形成するのに貢献した。

現代のテクニカル分析は、長年の研究を通して発展した数百の
パターンおよびシグナルを含むまでに進化した。

テクニカル分析者は、過去の取引活動や証券の価格変動が、
将来の価格変動を示す重要な指標になると考えている。

彼らは、その他の研究努力とは無関係に
本質的価値の考察と組み合わせて使ったりもできるが、
ほとんどの場合、その確信は統計チャートのみに基づいている。


テクニカル分析の基礎となる前提

チャールズ・ダウは、テクニカル分析に関する一連の論説を発表した。

彼の論説は、テクニカル分析のフレームワークを形成し続けてきた
2つの基本的な仮定を含んでいた。


1. 市場は、証券の価格に影響を及ぼす要因で表される数値において効率的だ

2. 値動きは純粋にランダムではなく、何度も繰り返される傾向がある
 認識可能なパターンやトレンドで動く


効率的市場仮説は、ある特定の時点における証券の市場価格がすべての
利用可能な情報を正確に反映していることを意味する。

したがって、その証券の真の公正価値を表している。

この仮定は、市場価格がすべての市場参加者の総合知識を反映している
という考え方に基づいている。

一般的にはこの仮定は真実であると考えられているが、短期的にも
長期的にも価格に影響を与えうるニュースやアナウンスが、この仮定を
崩す可能性もある。

テクニカル分析の基礎となる2番目の仮定、すなわち価格の変化がランダム
ではないという考えは、短期的にも長期的にも市場トレンドは認識でき、
トレンド分析に基づいた取引から利益を得られるというテクニカル分析者の
信念につながっている。


どのようにテクニカル分析が使われるか

テクニカル分析は、株式、債券、先物、通貨ペアを含む需要と供給の
力学が働く、取引可能なあらゆる商品の価格変動を予測しようとする。

実際、テクニカル分析は、証券の市場価格動向に反映されている需給
の研究にすぎない。

通常、テクニカル分析は価格変動に適用されるが、出来高や
未決済取引残高などの価格以外の数字を追跡している人も一部いる。

業界には、テクニカル分析を用いたトレードをサポートするために
研究者によって開発された数百のパターンとシグナルがある。

テクニカル分析者はまた、価格動向を予測して取引するのに役立つ
数多くの取引システムを開発している。

支持や抵抗などの、現在の市場トレンドを認識することに主に焦点を
当てている指標もあれば、トレンドの強さをその継続の可能性を判断
することに焦点を当てたものもある。

一般的に使用されるテクニカル指標やチャートパターンには、トレンド
ライン、チャネル、移動平均、モメンタムインジケータなどがある。

ぼくの見解では、シンプルな戦略がもっともうまくいくと感じている。

テクニカル分析については今後も多くの記事を執筆する予定だ。