immediately-increase-your-savings




緊急時や失職時に身を守るためにできるもっとも重要なことのひとつは、
すぐにアクセス可能な現金を持つことだ。

残念なことに、月々の請求書が増えているせいで、
蓄えることが二の次にされることもしばしばだ。

本当に必要なときや将来の目標のためにお金を蓄えることが
難しいと感じているなら、以下をヒントにトライしてみてほしい。



1. 貯蓄口座を開く

目的のためのしっかりと確立された貯蓄口座なしでは、
貯蓄に対して消極的になってしまうかもしれない。

今日では、多くの銀行が貯蓄口座を維持するための残高を低くしているので、
預けるお金があまりなくても開始するべきだ。

ネット銀行は多くの場合、
残高要件や月額料金なしで他より高い金利を提供している。



2. 口座への自動入金を設定する

アクセスする前に貯めてしまうことは、貯蓄を促進するもっとも簡単な方法だ。

ほんの一部だとしても、貯蓄口座に直接入金できるように、
給与からの具体的な金額を設定しよう。

まず自分に支払う、これが第一優先事項だ。

年金積立制度のように、この貯蓄を扱おう。



3. 賢く予算を立てる

適切な予算がなければ、貯蓄はとても困難だ。

毎月貯蓄したい金額も含む、すべての予算を作り、
なにがあってもやり通そう。



4. コスト削減の方法を見つける

日常生活においてコストを削減する方法は数多くある。

不要な電子機器のプラグを抜き、エネルギーコストを削減しよう。

タクシーやUberの代わりに公共交通機関を利用しよう。

ローカルの音楽祭やアートフェアなど、安価または無料のエンターテイメント
を探そう。

弁当を作ることで職場での高価なランチをなくせば、
健康的な食事にも寄与する。



5. 不要なメンバーシップをやめる

ジムのような必要と思われる会員費は、
年間を通して相当な額が加算される可能性がある。

必要なエクササイズを無料でする方法はたくさんあるし、
毎年かかる会員費で、アウトドア活動ができない冬のあいだずっと
使えるエクササイズ機器を購入することもできるだろう。

ほかの継続課金を調べて、毎月利用しているかどうかを確認しよう。

Hulu、Netflix、Spotifyを最後に利用してからしばらく経っている?

それならもう少しお金を貯めるために、
このようなサービスをやめるときかもしれない。
(個人的にはSpotifyは気に入っているが)



6. できるなら自分でやる

普通の家や車の修理の多くは、自分で簡単に行うことができる。

安全で簡単な修理方法を調べることや、自分自身でそれらの世話をすることは
保守費や修理費を何万円も節約することができる。

YouTubeでハウツー動画を観てみよう。

これは新しいスキルを学ぶ楽しくて安価な方法でもある。



7. バジェットショップ

バーゲンを探すのを恐れるのはやめよう。

衣服のようなアイテムを買う物するときは、ガレージセールやリサイクルショップ
などを利用すると、新品ひとつと同じ値段で5倍の量の服を見つけることも可能だ。

追加の利点として、もし服のダメージがひどくなっても、
お金の損失について動揺しなくなるだろう。



8. 報酬プランを活用する

ほぼすべてのタイプのショッピングで、利用可能な報酬プランがある。

ガソリンスタンド、食料品店、オンラインショップ、衣料品店などは
ほとんどの場合、登録するだけの無料の報酬プログラムが提供されている。

これらの貯蓄は、はじめはものすごく小さく見えるかもしれないが、
時間の経過とともに増加する。

クレジットカードのリワードもチェックし、毎月の消費習慣を
より有益にしていこう。

ただし、月末に請求金額を支払うことができるように、
毎月どれぐらい使っているかにつねに注意しよう。



9. 小銭を蓄える

多くの場合、小銭は価値が低いと考えられて忘れられがちだが、
そういった小銭は時間の経過とともにかなりの価値になる可能性がある。

小銭を貯める場所(貯金箱など)をしっかりと作り、いっぱいになったら
そのままダイレクトに貯蓄口座へ流し込もう。

これは毎月貯める簡単な方法であり、とくにあなたがキャッシュのみで
貯蓄計画を決心した場合だ。

さあ、すぐに空き瓶を用意して、蓄えが大きくなっていくのを眺めよう。



10. 献立を考える

献立をしっかり考えることは、さまざまな方法でお金を貯めるのに役立つ。

食料品店へ行く回数を減らすことができるし、
より多くの物をひとつあたりを廉価にして一括購入することができる。

献立を考えることのもうひとつの利点は、夕食になにを食べるか考えられないときに、
テイクアウトにお金を費やす傾向が減ることだ。



貯蓄を増やし、緊急事態や賃金カットに備え、あなたの将来を計画し始め
ために、上記のヒントを試してみてほしい。